アクセスアップの為の方法

2016年1月14日

アクセスアップのための方法はいくつかあります。
が、まず基本として

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


一番根底として、テンプレートが正しいものかどうか?ということ。
HTMLの記述や、CSSの記述が正しいかどうかということは重要です。
W3Cという物もありますが大抵ここまでアクセスアップの方法等では、専門的に触れているものはあまり見たことは無いのですが、サイトを構築しているテキストが根本的に間違っていたら検索エンジンも理解できないので、素人が中途半端にいじくりまわすくらいであれば、専門書を読んだ上で記述はしっかりと調節する必要があります。

アクセスアップの、代表的なものは、

  • SEO対策
  • 検索エンジン最適化という意味で検索エンジンに好かれるサイト作りの方法。
    外的なリンクと内的なリンクが必要とされるので、外部リンクに最初に目をとられてしまいがちですが、キーワードの数・分布や関係しているコンテンツ、リンクの数などの優劣etc素人でどんなにがんばってもGoogle攻略は敵わないので、基本的には正しいHTMLとCSSの記述で、サイトコンテンツを増やしていったほうが無難だとされる。
    サイトやブログなどだと最初にテンプレートに気をつけるくらい。
    後はひたすら記事。

  • SEM
  • 検索エンジンを広告媒体として積極的に活用するマーケティング活動がSEMである。となっている物となるのですが、これらは直接的なアクセス対策です。
    有料リスティングサービスとは、Adworsなどの、PPC広告と呼ばれる広告サービスに出すことで、客にアクセスしてもらいやすくするという方法。

    ですがマーケティング手法としてであれば、他にもいくつか方法はあります。
    メールマガジン、SNS、twitterなどの利用。
    これら他の媒体を利用することで人を連れ込む方法は幾分かは可能になります。

    メールマガジンはいろいろと方法や現状の説がいろいろとあるようなので別途記載します。

    SNSに関しては国内はmixiが優勢ですが世界的にはfacebookがGOOGLEよもPV数が高いとかで注目されていますが国内での普及は少ないと思います。
    現状1個人ががんばってもできる方法というのはあまり何も無いかと思います。

    twitterに関しては、有名人でもない私が、15000人のフォロワーを何とか築き上げることができたのですが、これだけ人数がいればそれなりのアクセスはある程度は見込むことが可能です。
    これに関してはサイトへの訪問者が何割になるのかということが目的として築いたというよりも、単純なtwitterフォロー中毒的な症状によるものですw