アフィリエイトの本質

アリフェイトと言うと、お金儲けを連想しますか?お小遣い稼ぎを連想する人もいるかも知れません。
インターネットビジネスだとか、副業だとかどれも共通して稼ぐことを目的として、アフィリエイトにたどり着くかと思います。

アフィリエイトの本質とは

HPのサイト作成していると、内容を記載する。そこに+@の要素として外部リンクを付けるのですが、これがこのリンクを踏んでもらったり、踏んだ先で売り上げがあったりすることによって報酬が還元される仕組みがアフィリエイトだ。
アフィリエイトのリンクを踏む。その為には元々の掲載しているページ内容が見られるということが必要である。
そもそも誰も見ないようなページ内容であればそこに来る人は当然いないしアフィリエイトのリンクがあることを気づく人もいない。=結果アクションを起こす人はいない。⇒売れるはずは無い。
パソコンが1家に一台というよりも1人に1台あっても良いくらいの時代ではある。
インターネットで世界との情報の距離はタイムラグなしで色んなやり取りが可能な時代だ。インターネットが無い時代と比較するとそのコストは相当安いものです。
かつては新聞メディア、TVなどで、CMを一方的に送りつけてきてイメージだけ頭に記憶させて、行動を起こさせるという仕組みだったものがインターネットでは、見る→アクションをとるがマウスひとつでできる時代だ。このことは、情報発信者にしてみると、利益を得られやすくなったともいえる。
ただし、素人が簡単にちょろっと作ったサイトでいきなり何万円も稼げたりする物でもない。ブログで稼ぐことが可能だとはいっても、選択肢はたくさんあるし、方法も山のようにそれこそ間違った情報をつかんでしまうことのほうが遥かに多いのが現状だ。在宅バイトの軽い気持ちで初めて簡単に稼げるのであれば、誰も苦労はしない。
稼ぐ為には当然工夫が必要だし、正しい情報を探して実践して行き駄目なものは捨てて、改善させる必要がある。それらの努力や工夫をすることができない人は、絶対に稼ぐことはできないだろう。

コメント

広告楽天ウィジェット