アフィリエイト

2016年1月14日

最初に前置きしておくと今後のアフィリエイトは、2000年代~2010年のアフィリエイト手法では稼げないということ。PCアフィリモバイルアフィリエイト問わずだ。

2011年以降はアフィリエイトで稼ぐには、アドセンスで稼ぐような努力(コンテンツ作成)が必要になる。

ペラサイトやキーワードだけで上位表示されることも無いと思う。さらにGoogleのアルゴリズムやスパム判定による検索結果下落も鬼畜なレベルなので、ある日突然アクセス数と売り上げが無くなるというリスクも踏まえてリスク分散した作戦が必要だろう。コンテンツが作れないアフィリエイトサイトは当然ビタ一文にもならない。検索エンジンから集客できないことを前提にPPC広告をするのであればPPC広告も、先行きは暗いので相応の努力は必要になると思われる。

アフィリエイトで稼ぐにはHP(ホームページ)やブログがあれば可能です。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


アフィリエイトの広告をクリックされたりそのクリック先で売り上げが上がれば利益が掲載者に発生するのがアフィリエイトです。

ブログであれば、無料ブログでも、あれば可能なので誰でも始めることは可能です。(開始年齢制限がありますがこれはASPによって異なるので割愛)

※一応無料ブログ紹介はしますが、メインサイト(稼ぐためのサイト)は独自ドメイン+レンタルサーバーが理想です。

無料ブログ

嫌がおうにも広告が入ってしまう無料サービスのフブログですが広告が無いものもあります。
無料で使えるブログは利用規約に反することすると削除されちゃうので注意したい所です。

    アフィリエイトに適している無料ブログ

  • fc2.com
  • http://fc2.com/
    メリット広告が少ない。(30日以上更新しないと広告が自動で表示される)
    カスタマイズ方法はググレばいろいろと出てくる。
    末尾に sitemaps.xml でサイトマップ登録可能
    デメリット
    30日以上新規記事作成しないと広告が表示される。

  • blogger
  • http://www.blogger.com/GOOGLEが運営している無料ブログなので
    メリットは
    広告は一番少ないGoogleが運営している無料ブログ。
    メンテナンスも少なく広告が一切無い。フッターのbloggerのリンク程度でアドセンスも掲載しやすい。

    短所は、テンプレートのカスタマイズが難しい点。
    HTML+CSSという形式では無い為xmlでの形式テンプレートにCSSも混在しているのでやや難解。
    PING機能やトラックバック機能が無い。
    他の無料ブログのようにツリーで一覧で表示されているようなページやサービスは無いので自力でのSEO対策が必要。
    サイトマップはfeedでしか登録できない。

    利用規約に触れるとブログ削除+Googleアカウントが停止される。
    GOOGLEのメインアカウントで利用している場合はBloggerの規約に要注意が必要

  • SEESAAブログ
  • http://blog.seesaa.jp/
    sitemap.xmlでサイトマップ登録可能(ブログ設定でサイトマップを自動生成しない設定だと変更する)
    設定次第で広告非表示が可能。何日以上更新しないと表示される縛りも解除設定可能
    カスタマイズや使いこなし方は検索すればわんさかある。

  • ライブドアブログ
  • 標準のブログドメインだとディレクトリ型なので、ドメインの恩恵は受けやすいはず。

    ブログ設定でサブドメイン型にすると弱くなる。
    無料版だと記事下の広告ははずせないこれをはずせるプランは月額315円だったはず。
    メンテナンスが無いことを売りにしているのでトラフィックが24時間365日間耐えることが無いのでこの点は良い。
    上位プランだとライブドア内のトラックバックが増えているのか多少のPV増は望める。

    短所 ヘルプが見にくい。
    sitemap.xmlを履かないのでRSSfeedで登録する
    有料プランで自作のsitemap.XMLファイルをアップロードできるのか?思っていたらドメイン直下には配置不可能だった。FTPでアップロードできるUTLがライブドアのもののみな為。

    上3つは無料でも運営もとの広告は少ない(SEESAAは設定しだい)
    ライブドアblogは有料版で広告非表示は完全にはできる。(ただしモバイルサイトのタグだけは消えないらしい)

選び方要点

  1. ブログアフィリエイトは、元サイトの広告が少ないこと 発リンクが少ないことが重要。
  2. サイトのテンプレートでHTMLをいじれるのか?
  3. サイトマップXMLが自動で掃きだせるか?
  4. 過去記事のインポート+エクスポートが可能か?

jugemブログとか忍者ブログもありますがそれらでも良い。

無料版でも広告と発リンクが少ない「blogger」「FC2」「SEESAA(設定必須)」は抑えておきたいところ。

アフィリエイトに適していない無料ブログ

webマスターツールに登録不可能。アフィリエイトタグ掲載不可能だったりとかetcな要素で。
この3ブログのようなサイトでアフィリエイトが不向きという他にも、コンテンツを溜め込むのはあまり得策では無い。

  • ameba blog
  • アメーバはそれでも比較的掲載しやすい 記事中にiframeなどは掲載できない。有料版で広告は消せるらしいが未知数すぎる
    アメーバプロフィールにもメインサイトのURLをリンクで記述しておくと吉。

  • 楽天ブログ
  • 楽天ブログはアメーバ同様広告だらけで
    掲載しようとするとアマゾンのアフィリエイトタグでもエラーが出る

  • Yahooブログ
  • wiki形式とかの記述とかで普通のHtmlタグが使えない意味不明なブログがyahooブログ。
    商用不可能なうえに+アダルトサイトからの恒常的なコメントスパムが多い
    Yahooアフィリエイトタグは掲載可能。

使えないブログの上2つ(アメーバと楽天)は、ディレクトリ型のサイトなのでサテライトサイト(被リンク)はおいしいのでそのことのためだけに登録しておいても損は無い。(yahooはコメントスパムにさらされると削除だけでも面倒なので使わなくて良い)
ただ楽天ブログはあわせて変なサービスを登録するとメールが邪魔なので別個楽天ブログ用のアカウントを取得したいところ。

理想はアフィリエイトサイトであっても、独自ドメイン+レンタルサーバーで運用することがベストですが最初から全部覚えなくてもいいのでひとまず無料ブログは上のどれかでお勧めします。