ホームページ作成

2016年1月14日

ホームページを作成することは、一昔前よりもかなり楽になっています。
少し前までであればHTMLとCSSをテキストなどに記述してHPサーバーにアップロードしてサイトは作成していたので管理も更新も結構手間だったのですが、最近では、WordPress(ワードプレス)やMT(ムーバブルタイプ)という無料で使える、CMSというツールでサイトを作ることでだれでも比較的容易にサイト構築と管理更新ができるようになってきました。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

CMSの特徴

PHPとMYSQLが使えるレンタルサーバーであれば大抵インストールすることが可能で、更新が普通のHTMLサイトよりも遥かに楽なHPサイト作成のためのツールがCMSなのですが、メインな物を紹介します。

WordPress(ワードプレス)

CMSというとこれというくらい今ではスタンダートなツールがWordPressです。ワードプレスなどは一見ブログとサイトの中間のような構造ではありますがテンプレートを変えることで普通のHPサイトのように得るものもあったり、FLASHを組み込めるものもあったりと様々な形で表現は可能です。ひとまずアフィリエイトも普通のブログも、データのまとめサイトにもパスワードをかけて一部の人に見せたいサイトであってもWordPress(ワードプレス)は便利なのです。Themeとかも相応のものを利用すれば上位表示しやすいのもメリット(プラグインとかでSEO対策情報が多いので調べやすい。)。

MT(ムーバブルタイプ)

MT(ムーバブルタイプ)は個人利用は無料で利用できるのですが商用だとライセンスを購入しないといけない。プラグインの仕組みもいまいち理解できないので初心者は無理して使うメリットは少ないと思う。ただサイトの目的用途によっては小規模SNSなどを作成できたりするので便利ではあります。他には掲示版風のサイト等。

EC-CUBE というECサイト作成に特化したCMSもあります。ショッピングカート等の機能がついていたはず。(ただし決済方法の細かなことは自前で用意しないといけなかったはずですが。)
ECサイトを作る必要がある人はWPをカスタマイズするよりは色々と調べずにECcubeだけ調べたらいいので便利そうではありますが、あまり私は興味が無いので割愛。

最低無料のサービスでも作ることは可能ですが、やはりレンタルサーバーとドメインだけは自分でレンタルして運用したほうがメリットは大きいと思います。普通に無料ブログとかでせっせと運用していてもそこにメリットや価値は生まれませんから。ムームードメインアフィリエイトタグ http://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1BOZUH+8QD7RE+348+1BNBJM” alt=””>は初心者でも比較的わかりやすいです。私は最初ここで取得しました。