動画にGoogleアドセンス掲載して稼ぐことができる

2016年1月14日

動画を作ってそれで稼ぐことができたら、ニコニコ動画にアップロードする魅力は減りますね!?
Youtubeに自分でアップロードした動画にアドセンスを掲載して稼ぐことはできる。
YoutubeとGoogleのアカウントがあればアドセンスを開始できるという点ではブログやホームページが無くてもアフィリエイト報酬を実質的に稼ぐことは可能なので、動画で稼ぐことができるという点で魅力がある方法だ

ただチャンネルの再生回数がどうも基準があるっぽくて1年位前に申請したときは却下されたのですが2011年当たりになんとか申請は通った。ただ何万回も再生されるような動画は私のコンテンツには無いので報酬はさして気にしていない。

一体何回の回数再生されたらアドセンス掲載可能なのか?
再生回数メモ
今は基準がもしかして下がっているのかも知れない。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

或いは1本で短期間に一定数の再生回数があがればよいのかも知れない。ただこの基準や動画の内容などに関しては採否は不明だ。申請でNGをもらうと再チャレンジするのには数ヶ月間の期間再申請ができないという縛りがありますが再度再チャレンジすることは可能だ。

どのくらい稼げるのか?

1年間に860万円稼ぐ『YouTube』の女王! 10代で1250万円稼ぐユーザーも
ロケットニュースより。
オーストラリアの女子大生が860万円稼いだという例とか他にもいろんな例があるもののこの記事で英語が話せないと稼げないのではと記載されていますが

日本のGoogle運営がYoutubeセミナーで語っていたのは、日本のYoutube利用者でも月間20-30万円稼いでいる人はいるそうな。
ただし動画の内容は日本語だとしても、タイトルやタグは英語が良いらしい。トラフィックという点で日本だけでは人口1億なのに対して世界での検索数を考えると英語の方が当然圧倒的に多いのでこれはしょうがない点だ。
状況によっていろいろと工夫は必要なようだ。

運用するにあたって

ただ開始するにあたっていくつか気になったことが。

アドセンスの動画への掲載手順は1動画あたりずつ「収益化」という設定ボタンをクリックして掲載作業をしていかないといけない。ただこれがあることで、アドセンスを表示したくない動画には掲載しないことも可能なわけです。

アドセンスはホームページに掲載するのもそうだが、規約が難しい。
Youtubeに掲載しているアドセンス広告も自分で間違ってでもクリックはしてはいけないというのが前提での運用なのでこの点は注意したい。
今の所、動画のアドセンスの広告をブラウザのアドオンやプラグインで非表示化できるものは見かけたことが無いので(もしかするとあるのかもしれませんが・・・)
※2013年3月25日時点で、『adbloc』というプラグインやアドオンで、表示されなくなった。USTREAMのスタート時の広告すらスキップされるW(一部広告ポップアップ型のは対応しきれていないようですが)
これが一般レベルで浸透したら、広告配信サービスが成り立たなくなりますね。そしてウェブサービスが廃れることになる。

  • 使用している音楽やイラスト、対象物に関しての著作権の問題が厳しい。音楽なども使用することで報酬を得るという許諾を得ている音楽でなければ、利用することができないという内容なので、商用利用可能な素材などで厳選して動画加工はしないと、アドセンスの掲載はできなかったりする。

    動画作成方法

    動画なんて作れないという人でも今では携帯電話で動画が撮影できる機能のものもある。スマートフォン(iphone)などは最新の機種はフルHD撮影が可能というのだから技術の進歩は凄いものです。

    携帯ひとつでもうまいこと工夫して取ればそのままアップロードして、Youtubeに上げれば簡単に動画で稼ぐことができるのかも知れない。

    編集や加工がしたい場合はツールの説明になるのですが跡で記載したいと思う。

    コンテンツ内容

    ペット動画を撮影している人の動画とかは比較的再生回数は多いようですがあーいうコンテンツって再生されやすいんですかね・・・。ただ何万種類も白い犬の動画があっても面白くは無いので、再生されやすい人の動画には相応の工夫があるんでしょうけど今のところそういう切磋琢磨は無いのでとっつきやすいジャンルなのかもしれないですね。

    報酬はいくら位なのか?

    動画のアドセンスは、webのアドワーズから発生する広告とやや異なっており、HPなどに掲載するアドセンスと違う点が、大手企業の広告が中心ということだろうか?あまり中小企業が出稿しているような広告は記憶に無い。
    どれも大手メーカーなのはたぶん何かしたら意図があるとは思うのですが、たぶんクリック率は相当低いと思う。
    アメリカとかだとYOUTUBEのアドセンス報酬
    しかし広告単価は高い気はする。根拠は無い。
    これもユーザーやチャンネルのコンテンツによって今後はいろいろと差がでてくるのかも知れないので、手を抜くことはやめておいて全力で動画を作っていっていろいろと工夫していたほうが良いと思う。

    ただYoutube1本のみで閲覧数を高めることは困難だと思う。
    Youtube内で動画へのトラフィックを集めるのは難しいので、ブログやホームページ、或いは他の動画サービス(ニコニコ動画やUSTREAM)、又はTwitter・mixi・Facebookといったソーシャルメディアと併用してうまく立ち回ることはYOUTUBEの動画閲覧数アップの手助けになるのではと思うのでした。