Googleアドセンスの規約アダルト

2016年1月14日

    Googleアドセンスの規約でアダルトと医療に関連するコンテンツは書かないほうがいい。

  • 医療は薬事法の兼ね合い
  • アダルトは、テキストも画像も避けるべき。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

Googleアドセンスで気をつけるべきジャンルは、美容・ダイエットに医療分野

体験談としては、医療では、ダイエットや美容などのコンテンツは難しい。
この製品がお勧めだとか、この製品にはこういう効果があるというものが
数年後トラブルがアレルギー的な事故が発覚したり、成分と効果が否定されたりすることがある。
医薬品などになると専門家のサイトでもよっぽど自信があるか、当たり障りが無いことを書く以外は、アドセンスは掲載は止めておいたほうがいい。

危険なジャンル

似たようなジャンルでは、タバコやアルコールなども販売ページにアドセンス掲載は禁止で
ギャンブルは、認められている内容であればセーフだったり国によっても運用の基準が異なるので、アドセンスは掲載しないほうが無難なジャンル。

アダルト

  • ロリについて書いていたらBANになってしまった。
    画像なしでテキストだけだ。
    世の中にはロリータファッションなども存在するが、幼児性愛について浅く書いているコンテンツでもエロじゃなくても広告停止くらった。
  • 基本幼児や青少年にたいする取り扱いは手厳しい。
    「幼女萌えるよクンカクンカしたいよ」とかでなくとも停止になる。
    たぶん極端な話前後の文章によっては『小学生サイコー』とか書いたらアウトだろう。

  • 画像も厳しい。アダルトは水着写真でも猥褻(性的興奮)なものはNGとされるが、一般的な水着写真ならセーフとかワケガワカラナイラインなので、アドセンスの配信が停止になるのが嫌ならテキストも画像も控えるべきだ。
アドセンスが停止になるタイミング

1年近く前の記事が原因で広告が停止になることがある。
絶対自動では停止にはならない。
目視が入っていると思われる。
Googleが確認するとすれば、『通報』しかないと思う。
まぁ通報されても、BANにならない自信があればいいのだろうけど、規約自体がわかりにくい上に、都度事例も変わっているので、今がどうなっていのかは、Googleにしかわからない。
配信停止になったら改善して再申請すれば、再度掲載することは可能だが、
BAN(アカウント事停止)になったらアドセンスは終わり。

I/6162GDSRX8L. アマゾン jpg 

プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイド

アフィリエイトタグ https://www10.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG19OY+249K+BWGDT” alt=””>