BAN BAN BAN

BANがさく裂して麗しい5月です。暖かくなっても懐は寒くなる一方です。
日本語がまともにかけない某大手サービスのBANをくらい、うんざりしている今日この頃ですが、なんともはや。

利用規約を盾に、いつでも契約解除が出来るASP運営。
気づいたら規約が変わっているASPも中には有りそうだ。

作ったコンテンツの削除を要求するカスタマー。
ひとまず利用規約や管理画面が解りにくいASPは、厳しい。

ASPのBANは今までいくつか経験したが、コンテツンの削除を考えると、アフィリエイトサイトの作り方としては、非常にネックだ。
アフィリエイト向けにつくっているとタグだけでも剥がすのに相当な料手間が掛かる。
下手すれば、タグだけ剥がすので、作った年月かかるんじゃないだろうかとすら思ったケースも想像できる
ドメインのコンテンツが0になったら、それこそ、ドメイン内の価値が無くなるのでどうしてもタグや引用文だけ削除したいのが本望だろう。しかし、テキストや、データーサーバーから、ツールを使って特定wordだけ(URL等)を削除するにしても相応の知識が必要だ。

Googleアドセンスのようなコンテンツとアフィリエイトタグが完全に別箇の方が圧倒的に管理面では楽だ。

アフィリエイトタグ取得サービスは配信が契約終了で停止することもある。この場合は真っ白になるならまだましだが、終了後ASPの広告が無償で配信されるのだから、剥がすのがこれまた手間だ。
ASPアフィリエイトの方が、利益率は高くとも、割に合わない部分が結構あると感じたしだいでした。

アフィリエイトを考えると広告主依存なので、いざ切られたときにスムーズに移転できない状況は回避したいものです。

コメント

広告楽天ウィジェット