アフィリエイトで稼ぐ為にはASPに加入する

2016年2月18日

アフィリエイトで稼ぐ為にはASPに加入することから始まる。
楽天とかアマゾン(amazon)はリンクタグが取得しやすく他商品を購入すると他の物の売り上げも報酬になるのでついついはまって攻略しようとするのですが実は意外と楽天やアマゾン(amazon)だけで月に数万円稼ぐのは骨が折れる作業なのです。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

PR

楽天アフィリエイト

たとえば楽天は利率1%ですが、クッキーが最大30日間有効ということで強みに宣伝していたりしますが、却下率は実に50%もありました。
この時点で売り上げの還元率は実質0.5%程度になります。さらに最悪なのが換金しようとする場合には、楽天に手数料として10%換金手数料がかかります。
すると実際に手にできる金額はいくらなんでしょう(w
PVとクリック数を鬼の様に稼ぐことが出来れば稼げるとは思いますが、賞味万円という単位を月に稼いだことはないので分かりません。
楽天アフィリエイトに時間をかけるのはほぼ無意味です。

アマゾン(amazon)

アマゾンはパフォーマンスプランだと3.5%~最大8%でメリットはでかいのですが月に3百点売れたとして5%程度です。
8%を目指す場合は1万点1ヶ月で売り上げないとだめだったりします。たまに期間限定で10%報酬などが一部ジャンルで開催していたりするのはメリットの恩恵はあるのかなとは思います。
本や単価が安い小物の売上率はアマゾンは比較的強いのが美味しいです。

デメリットはクッキーが24時間しかもたないので楽天よりは他の商品で売り上げがぽんぽんあがったりすることは比較的少ないです。
即購入してもらえるかどうかが最大の分かれ目です。
アマゾン(amazon)アソシエイトの報酬の制限が1点1000円で打ち止めなので30万円のテレビの売り上げがあったとしても利率が5%だったとしても1000円しか報酬がもらえない点もアマゾンのデメリットである。
一定の金額の商品だと楽天市場のアフィリエイトで1%報酬の利益と逆転現象が起きるので注意したい所
利益率によっても変動しますが、2万5000円あたりの商品金額が分かれ目だった筈です。

アドセンス

Googleのクリック型広告のアドセンスはクリック>報酬発生なので、報酬が発生しやすいのがメリットですが、広告掲載方法などを工夫したり、サイト内コンテンツによっては報酬単価が低かったりクリック率が低いという点でサイト作成者が色々と工夫しないと利益が上がりにくい部分があります。

検索してくるワードやブラウザのクッキーによって配信される広告に違いがあるようなので、検索してくるワードが何か(サイト内のコンテンツ)で報酬率が変わってくるので一概にどれがいいともいいにくい。

アドセンスが日本に普及した当時なら月収数十万という話は大いにありましたが、今ではあまり聞かないものですが、可能だとは思いますが、やはりPV数がある程度ないと難しいとも思います。
ただPVとクリックの報酬が比例するかどうかは前記のとおり改善が必要なので、むしろアドセンスは規約やサイト内コンテンツに対する基準が一番厳しいのもあるので、一般的なASPのアフィリエイトの次に考えておいた方がいい気がします。
選択肢の一つという考えが無難です。

ASP選び

上記3点を踏まえてもASPのサービスで、売り上げを上げたほうが圧倒的に利益率は高いのです。
無料会員登録で数百円資料請求で1000円~、有料のサービス利用登録で**円、口座開設で数千円など、案件によって単価は異なるもののPV数が極端に無くても訪問者とマッチした内容であれば比較的報酬につながりやすいのが特徴。

  1. アフィリエイトB
  2. アフィリエイトで稼ぐなら、アフィリエイトB
    金融、FX、キャッシングなどに強いASP
    報酬確定月の翌月末日に支払われる。(末日が祝祭日の場合は翌営業日との事)報酬支払いが早いのがメリットだろう。

  3. A8ネット
  4. 一度登録できれば、サイトの追加申請は自由に登録可能。
    広告件数もAspの中で郡を抜いて突出しているので利用するシーンは多い。翌々月15日支払い。
    郵貯振込みが一番振り込み手数料が安いのも抑えておくべき。

  5. バリューコマース
  6. リンクシェア
  7. JANET
  8. ゲーム広告は多い。無料会員登録などの案件も比較的多い印象。

  9. NTTコミュニケーションズが運営するMYアフィリエイト
  10. 件数は他ASPと比較すると少ないのですがOCNのプロパイダ乗り換えや新規申し込み用の広告等があるので、プロパイだ比較などのサイトを作る場合は欠かせないASPだと思う。
    NTTの広告を探しているという場合や張りたい場合はこことだけ覚えていたら良い程度。

    ただ一部しかないのも痛い。
    少し前まではNTT関連のレンタルサーバーの広告タグもあったはずなのですが見かけない・・・。もうちょっと広告案件増やしてくれたらよさそうなものですがNTTグループのサービス利用する人は電話で申し込むか直接webから申し込むんですかな・・・。まぁコミュニケーションズなので、OCNの広告しかないのはわかりますが・・・。
    NTTスマートトレードというNTTグループのFXの案件も過去にはあったりした。が今はNTTスマートトレードのFXのサービス自体が廃止しているようなので・・・。

    消費税分報酬に+して支払ってくれるのがメリットを感じる点である。

却下される理由。
  • サイトの内容が薄っぺらい。
    ページ数と独自コンテンツのテキストがないと却下されるよ。
    文章量とページ数が有る程度ないと申請とおらない。
  • 根拠がかなりかけているようなトンでもサイト。
    (広告主の信頼がおちるとかなんとか)
  • 毒吐いてる感じが強いサイト構成
    批判系中心のコンテンツだと何故か、大抵どんなにサイトのボリュームを記述していても却下される。
  • 商材を多数掲載しているサイト等 比較的嫌われやすい気がする

ひとまずNTTのMYアフィリエイトは却下されたよorz
最近連動しているのか?と思うバリューコマースとかリンクシェアも掲載水準が怖いので申請する気力も欠けた。
A8は登録情報から追加して後は別個広告主の承認が得られれば掲載可能なので比較的自由。
ひとまずA8と+1個契約しておけば大抵の広告は掲載できたりする。
面白いブログとは何なのかを考える