twitterで『 アドセンスクリックお願いします』と書くバカ

2017年5月15日

twitterでユーザー名変更して『 アドセンスクリックお願いします』と書くバカがいる。
たまにまとめサイトに引用されることで、twitterアカウントユーザーが怒って、ユーザー名の部分を『 アドセンスクリックお願いします』と変更する人がいるが、これって殆ど有効に作用しないので意味は無いと考えられる。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


アドセンス を使ってブログで稼ぐ方法|アフィリエイト

Twitterというサービス

  • 最初にAPIを用いたtwitter掲載方法でないと、任意のユーザー名の表示は変更されない。API使用でも随時変化するタイプなら動的に動くが静的に吐き出すタイプだと変化しない
  • 引用タグで掲載する場合も変化しない。(画像URLなどは削除されると消えるが)
  • 『 アドセンスクリックお願いします』この文言事態は迷惑行為である。意図的に、クリックしまくると、業務妨害で訴えられる可能性も否定できない。
    ⇒立証が可能であればという話ですが。
    万一ネット上で煽る書き込みをして実際に多数クリックが任意に引き押されてアカウント停止においこんだらそれこそ訴訟沙汰だろう。

規約読まない馬鹿を露呈

ツイッターは引用されることを推奨しているサービスだ。
それを転載したからといって、『アドセンスクリックお願いします』と変更したらそれこそ悪意である。
Twitterの仕様やAPIを悪用するアカウントの方の過失を認めるべだろう。

画像キャプチャ

Twitterのスクリーンショットをキャプチャして他サーバーにアップロードして、そのネタを転載する手段は白黒ついていない。
日本では写真などは撮影した人に権利があり、無断で複製することは、権利の侵害に触れる可能性がゼロではない。
ただしTwitterに投稿することの規約と照らし合わせると日本の法律とも純粋に比較しにくいため、この辺りはTwitter社がどういう姿勢なのかは気になる所。
ライブドアブログのまとめサイトに多数見受けられる画像キャプチャだけして出典のURLが不明な掲載方法はちょっと頂けない手法に思う。

アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル

アフィリエイトで稼ぐならアフィリエイトBを勧める理由