Yahooカテゴリはゴミだ・・・ブログアフィリエイト

2016年1月25日

Yahooカテゴリ登録サイトの品質があほ見たいになっている
掲載しているコンテンツがゴミなのだ
こんなリンク集に5万円も払っちゃう人は無謀です。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

こんな例があった。

検索エンジン経由のアクセス数が急減しました

ブログでアフィリエイトしていてアクセス数激減というこの例
どんな内容なのかなと思ってみてみたら。


先月末(2011/09)に開設し、毎日欠かさず更新しているブログについての質問なのですが、
アクセス解析によると1週間ほど前から、GoogleやYahoo!等といった検索エンジンからのアクセス数が急減し

http://www.google.com/support/forum/p/webmasters/thread?tid=395b143a6433fafe&hl=ja

あぽーん。
全部リンクしかない。
というかこの内容で、Yahooカテゴリに登録されたのかが不思議。
あと記事があるページは全部アマゾンのコピペ
さらにアマゾンの商品紹介ページの画像も引っ張っている・・・・・。
なんというかアマゾンのアソシエイト規約に引っかかる気もするんだが・・・。
どちらにしてもコピペサイト量産はよくないですよ。

たぶんブログ作成者は、ネタで投下したのか、あるいはブログ作成初心者なのか?はたまた、どこかの薄っぺらい情報商材信じて作ったのかはわかりませんが、いろいろとこれはさすがにありえない。

さらに調べてみてわかったこと

「新規セッションがほぼ0に近い数値」の答え
サイト全体の評価が下がったと思う(中度のペナルティーですがこれと同様のペナルティーは経験済み)
上位表示1番とかに表示されていた検索結果のURLが100番台ちかくまで下がる。(トラフィックは枯渇する)

Googleが評価下げたらYahooの検索結果も下がるのは2011年の常識なのでこれは置いておいて。

ひとまずコピーサイトでもトラフィックがあったりして売り上げがあがっていたようなのは過去の産物であり、2011年10月時点で、今のGoogle検索エンジンは一筋縄で無い。
ペナルティー解除→元の検索推移に戻すのはかなりの苦労だ。たいていすぐにリカバリーできるほど軽度のものでもアルゴリズムによるものでもないのでこれのリカバリーはしんどい

サイト内の記事が多い場合はコンテンツ追加はほぼ不可能(というかページ数が少なければよいですが、ページ数が多いと、それに乗じて、とてつもない労力と時間が必要なので)

削除するのが一番手っ取り早い
 ↓
1から作り直すことになる。

ペナルティーの通知が無い理由

これはペナルティか?と思い、ツールを確認してみましたが特にこれといったメッセージはなし。

ペナルティー以前の問題でこれはサイト作成の根本的に間違った作り方なので、元々アウトな物にペナルティーもへったくれも無い。

このブログインターネット検索をスポーツの試合にたとえると、
不良で校内暴力をやったりカツアゲしたりしているような生徒が、部活の試合にでれることは無い。検索ペナルティーを与える前に、試合に出場する資格も無いのだ。
なのでイエローカードやレッドカードを貰う資格すら無いのが筋なのです。

ディレクトリ対策とSEO

特にSEO対策は行っておりませんが、

Yahooカテゴリーから直接、検索してくるユーザーは本当ごくわずかだと思う。
むしろ検索エンジンに+α 効果を微弱にでも、期待して有料ディレクトリ登録するのが一般的な筈だ。この時点でSEO対策していないというのは無理がある。
これが0になったら誰も高い金払って登録する必要がなくなるからだ。

こんなことさらっと発言していますが、有料ディレクトリサービスに登録する意味というのは、そもそも第3者に審査してもらって、リンクを貰うという作業なので、これはSEOに効果があることだとされていたりする。ただYAHOOの審査がこんなアフィリエイトサイトのペライサイトを承認しているという時点で、審査がまともに機能していないのは明確なんですが・・・。

こんなスパム手法で作ったサイトをウェブマスターツールのヘルプフォーラムに投稿している時点で、さらに追い討ちかける決定的なサイト作成でアウトな手法していましたと公開しているようなものなので、まぁ9月からのコピペ作業もすべて意味が無いものになる。(元々若干のアクセスが拾えていたらしいといのは割愛)
今このサイトがヘルプフォーラムに投稿した性でアクセス数が増えている可能性もありますが・・・w

たいていこういう楽なほうに逃げちゃう人は、コンテンツを考えて作成するという手法は面倒で大変な作業なのでなかなかしない。

Yahooカテゴリーの品質

Yahooカテゴリー登録がこんなサイトでも登録できたというのが不思議でならない。

今後Yahooカテゴリーの価値は地に落ちる前兆なのではと思うのでした。
こんなアフィリエイトサイトと一緒の品質でしかないサイトですよ。という肩書きがYahooカテゴリの登録なのだとしたらそれはいやな肩書きでしかない。
(ただしYahoo検索結果のトリガーになるので検索エンジンシェアの50%で競合と対等に戦うか、優位に立ちたい場合は有効かもしれませんが・・・。)
今後価値が上がるためには、低品質のサイトの削除をしないといけないんだろうけどYahoo!Japanがそんなことするとは思えないのでGoogle検索エンジンがYahooカテゴリーを評価する日はこないと思うのでした。