検索エンジン最適化SEOにおけるページランクの上げ方

検索エンジン最適化SEOにおけるページランクの上げ方の考察。
ページランクの上げ方について紹介します。
ページランクはリンクの集まりで構成されており
0~10までの11段階がある

実際にはグレー表示も存在するので全てで12通り。
ホワイトハウスなどはページランク10だ。
The White House http://www.whitehouse.gov/
日本では10はあまり聞かない。
大学とか公共の機関でも9とかが殆どのはず。
テレビ局などでも6-7程度のページランクが付けられていたり。
日本語の個人サイトになると、5がほぼ限界値 ページランクが6は、よほどでない限りありえない。
これは日本語圏よりも圧倒的に英語圏の人口が多いことを物語っている。

スポンサード リンク

ページランクが上げるには

ページランクの更新日
ページランクは被リンクを受けることで リンクのポイントが溜まるという考えでよい。
逆に発リンクを出すと ポイントが漏れる。(正確に+-1では無いですが)
ここで重要なのは被リンクを沢山貰うということ。
単純にPRが高いサイトからリンクを貰うと自分のサイトのページランクが高くなり、
ページランクが0や1のような小さいサイトから沢山もらっても、ずっと1以上に上がらないということは多々考えられる。
1から3に上げる場合は
PR5などのサイトから数本もらえばすんなり上がるというのは
web検索で探せば誰かが分析した数値が掲載されていたりする。
このあたりの数字は数学的な仕組みでしかない。
ただし4-5以上を作るのは自作自演では途方も無い作業だろう。
ただページランクの弱点は、作れてしまうということに尽きる。
ペナルティーを受けて0になったりグレーになる可能性もあるが。
ウェブ担当者通信

ページランクはSEOとイコールではない

PRが重要では無いと何年も前から主張されていたりするが、
実際には大本のURLのページランクが高いサイトが検索結果を独占するようなことが度々起きる。
GOOGLEの検索エンジンは現状でもページランクの影響が強い。
今後ページランクはどうなるのか?
同様にページランクが重要視されるかというとこれはNOだ。
実際にGoogleは数年後にはページランクは一切考慮しない方法で挿げ替えると予告している。
ただGoogle検索の基礎がページランクで成り立ってきたので、ページランクの価値が、0になるとは到底考えにくい。
ただし最近では  rel=”nofollow” というタグでリンクを渡さないということが出来る。
これは検索エンジンのBOTがそれよりさきにクロールさせないという意味のタグだったが(実際の挙動は知らん)、リンクのポイント(ジュース)も渡さないとなっている。

無料ブログも rel=”nofollow”付きが増える

twitterだとかPinterrest facebookなども rel=”nofollow”が附与されている。
2014年度時点ではamebaブログやジュゲムブログといった無料ブログ等のコメント欄にまで外部リンクには、 rel=”nofollow”タグが埋め込まれるようになっている。
今後この手の「rel=”nofollow”」タグが乱発され常識的に使われるようになると、Googleが従来の、ページランクだけの仕組みでは評価できないという面があり、このあたりがどう検索結果とSEO(検索エンジン最適化)が変わっていくのかは、未知数だ。
WordPressのSEO 2015年時点

アマゾン 

Google PageRankの数理 ―最強検索エンジンのランキング手法を求めて―

アフィリエイトタグ https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>

結局行きつくSEOとページランクの仕組み
    リンクの構造さえ的確に作っていけば上位表示が可能だとしたらスパム業者の思う壺なのでGoogle検索は、ページランク以外の指標で検索結果を管理したいのだろうなとは思うところ。

  1. Httpsの導入や
  2. 高速化表示
  3. モバイル表示の最適化
  4. などが検索結果に影響を与える要素として最近取り入られた要素にある。
    ただし今後どのように変化するかは推測の域を出ない。

※2016年度時点においてはツールバーのページランクさえ廃止にする流れが囁かれている。
しかしこれはページランクが無くなるわけではなく、Googleがアルゴリズムで採用している真のページランクだけは存在し続けていくことが語られている。
このため被リンクが必要ないという価値観に洗脳されることが無いように気をつけたい。

コメント

広告楽天ウィジェット