SEO対策で品質の低いコンテンツの解釈推測

2016年2月7日

検索エンジン対策のSEOですが、品質が低いコンテンツというものがたまに問題に上がる。
SEO対策で言う所の、品質の低いコンテンツという物が何かについて解釈を推測に基づいて紹介。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

SEO対策は仮説から

  1. コピーコンテンツ(他のドメインやサブドメインにも同一のテキストコンテンツが存在する)
  2. コピーコンテンツや引用記事では程度がある。商品スペックや仕様は似たり寄ったり。 >APIやプログラムで作成された大量の記事ページ(あるいはされと大差ないない文章)

    無作為に作られたコピーコンテンツやプログラムで吐き出したとされるコンテンツに価値は無いことが殆ど。

  3. 被リンクが無いページが沢山存在する。(ナチュラルリンクやソシャルメディアでの言及・拡散など)
  4. トラフィックが無いページ(閲覧されることがない→価値が無いとも言える)
  5. サイト内検索や、サイトマップページ・フィード・等からもアクセスが0というページに価値があるか否か?
    検索エンジンの文章検索以外にも画像検索やyoutubeなどからのトラフィック獲得も手段としては存在する。
    トラフィックが全くないページの価値は微妙。

  6. 更新されない古い記事(記事の鮮度が古いと、間違いになっている内容の記事になる可能性が存在する。)
  7. 薬品や美容・科学やニュースなど最新のものでは正しい情報が変わっていることが多い。
    正確性は最重要では無いかもしれないが、信用という部分で古いネタは好まれにくい。

コンテンツSEOに必要な要素

    ポイント
    記事の良し悪しは、誰かが決めるというものではない。
    評価基準の物差しが有る訳ではなく

  • 滞在時間(どのくらい読まれているか)
  • どの程度他のページも閲覧するのか?
  • そのページに貼られている被リンクは何個か?
  • 様々な要素で判断されていると考えられる。

ツールを用いて解析する

最近ではアナリティクスとウェブマスターツール・アドセンスなどと連動できたりするので、
詳細な事はGoogleに登録していれば、Googleが把握する事はできるとも考えられる。
alexaなどの他のサービスでも特定のドメインが、どの程度のアクセス数があるのは知ることが出来る。
逆にGoogleに登録していないサイトはそれだけでGoogle検索エンジン上では不利になることは考えられる。
Google+YouTubeなどのとの連動も強まってきたので
Googleアカウントのサービスの重要性は著者表示以外にも関連性として高まると考えられる。

検索エンジンの傾向を知る

日本のシェアではGoogleが9割5分のシェアだが、欧州や欧米ではBingなどもシェアがあるのでGoogle1強ということもない。
世界で見ると検索エンジンはもっと存在する。
一応日本でもbingやNaver、百度などで検索することは出来なくもないが、シェアが少ない
日本語サイトならGOOGLEを神とたたえて信仰するのもいいけど、
PPCとか検索エンジン以外のシェア獲得で回るのであればGoogleを無視する暴挙に出るのも有りではないかと考えることも出来る。
反面Googleは第二の検索エンジンはYouTubeだとも公言している。
動画サイト内の検索トラフィックの数も年々増加の一途なのだ。
同様にFacebookやTwitterといったソーシャルメディア内のトラフィック増加も一つのポイントとして考えておかなければならない。
全てのトラフィック獲得手段をフルに使うべきなのだ。
SEO的に考えて、ブログやサイトの記事の文字数は何文字が良いのか?

トラフィック獲得の手順

最初から全てに力をつぎ込む必要はない。
広告出稿以外で2chまとめのように相互Linkだけで回すのはちょっと普通のサイトだと無理な気がするのと、ソーシャルサービスやPPC広告だけでは稼げるトラフィックも限界がある気がするが、多少考えて置いてもいい気がする。
個人的にはbingやYahoo.comの、反撃を期待したいところ。
⇒楽天市場で『SEO対策』を検索する

お勧め記事⇒ブログ飯が成り立たない理由