最近のSEO対策2011年10月

2016年2月5日

2011年日本にはGoogleアルゴリズムのパンダアップデートが入ってきたとかいないとかいわれていますが、正直今のSEO対策においては素人の人が本を読んだり商材を呼んでも失敗している例がヘルプフォーラムを見ているとたくさん目に付く。
ではどうしたらいいのかの紹介。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

PR

最初にサイト内コンテンツの重要度。

必要な薄いコンテンツページはコンテンツ(文字)の追加が重要項目だ。
これは今後も重要になってくる。さらには類似ページが無いこと(あった場合には正規化などの対策をしておく等)。あとは必要性の無い薄いページの削除なども必要。

ソーシャルメディア対策

twitterのつぶやかれる被リンクは弱くなった感じはある物の0ではない。過大につぶやかれたらいまでも効果はありそう。
ソーシャルメディアのシェアリンクボタンは今後も重要。
ソーシャルブックマークははてなブックマークくらいしか波及効果は薄い(他サービスは利用者数が少ない)。
Google+が一般公開とアドワーズにも表示ということで今後の波及は大きいと思う。

外部対策

2011年はとにかく、外部対策の本や商材を多く見かけた時期ではあった。自演被リンクの効果は薄くなっていくという論調もあったりしたので、無くなるのかなぁとは思いつつも見ていたものの、Googleの評価の元がリンク構造での評価が基本なので今後なくなることは無いと思う。
ただ一部へんてこな張り方をしている例を見かける。
それに加え2011年発売の物でも、古い情報もあったりしたので、SEOについて多少勘違いしている人もいそうな点が怖いものではある。

新しい情報が必須

どちらにしても、実際に試して何がだめでどれが有効か具体的に検証した情報で新しいものでは無いと使い物にならないというのが現状な気がする。
どんなに著名なSEO業者の言い分も100%再現性や効果があったりしないものもあるので
十分に色々と効果は比較したいものだったりする。

I/51GBhLLQ3BL. アマゾン jpg 

検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド ソーシャルメディア時代の内部対策&外部対策

アフィリエイトタグ http://www13.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>