プログラムで稼ぐには

2017年3月31日

プログラムラムが組めると便利ですね。
C言語 Java PHP 他etcありますが、webサービスだとjavascriptとかphpを多く見かけますが、webサービスを作る場合は必要ですが、普通にホームページやCMSサイトを作るだけならプログラムの知識は必要ありません。

今はもっぱら、PCで使うソフトというよりも何かしらインターネットを介したサービスが多いのも特徴です。
ネットに完全に依存していなくても、通信する必要があったりするサービスは多いものですが、販売や、決済などのシステムの部分でもやはりネットの知識無しでは難しいと思います。
ホームページなどは HTMLとCSSの知識があれば良くて、プログラムの知識が必要なのはその上でサービスを提供する場合です。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

プログラムの知識が必要なもの

アプリケーションソフトウェアですがPCのデスクトップで動くものからサーバー上で動くソフトまでさまざまありますが(どっちもコンピューター内で動いているのは共通ですが・・・)。
ネットを介すか、ローカルで動くものかという違いがあるものが大きい。
言語はjavaとかPHPとかと、データベース(Mysql)とかでいろいろとできるらしいですが・・・。C言語は触れたことが無いので省略。

マーケット

  • Facebookアプリだとかmixiアプリ等のSNSに付随してるアプリ
  • 携帯向けのアプリ(モバイル向けのゲーム等)
  • スマートフォンだと、itunesで販売されているようなアプリ。andoroidのアプリ等
  • PCで使うツールやソフト
  • 最近は、個人で作ったものでも課金して販売できるシステムが整ってきたことが顕著なのでプログラマーの人で時間が有る人であればアイデアしだいで一攫千金ということも世界レベルでみるとあるようですが日本国内ではあんまりききませんね。

    アプリとして売るか、販売サービスをWEbで提供して課金するか、あるいはアドセンス等で広告収入を2次的に得るのかあるいは、開発サービスとして請け負うのか、インターネット上でも色々なことをしてプログラムで稼ぐ手法は考えれますが、最後のところはスキルとアイデアと発想次第だと思います。

    アップル – iTunes

    Apps – Android Market

    ベクターとかでシェアウェアという形で販売しているソフトもあったりはしますが、あんまり有名なものは聞かない・・・海外で寄付という形のチップ的なものも日本では文化的にも習慣がない為かあまり聞かない。課金部分は、各々で異なるので別途必要たったりする。

    今後

    ただプログラムやアプリケーションは、今後もこれらの今まで企業で行っていたものが個人レベルで盛んになっていくと、大規模なサービス提供以外ではちらほらと盛んになっていける分野ではある気はします。

    自作で販売だと作業がお金になる(利益になる)という可能性がわからない点が難しいですね。

    プログラムは覚えようとはしたものの理解できなく挫折した私には縁がない世界ですが機会があれば再度覚えたい物だとは思うのでした。