稼ぐ方法について解説しよう

お金を稼ぐこと。
これは資本主義の現代において最も重要なことだ。
しかし日本では、お金を稼ぐ方法は教えてくれない。
経済についての学習も義務教育では十分には教えてくれない。
株式や外貨といった仕組みは概略で授業で行われるものの、そもそも教師が詳しくないのだから習った生徒の興味や関心も低くなる。
そしてエスカレーター式に中学校卒業すれば働くことは可能な年齢だ。
しかし中卒で就職可能な仕事は低賃金だ。
最低賃金で一生働き続けることは
底辺の暮らしを意味する。

パソコンだけでなくスマホやタブレットでも稼げる


インターネットとパソコンやスマートフォンが格安で手に入り
誰しもが端末一台で稼ぐ事が出来る時代になった。
稼ぐための記事カテゴリー
だからといってパソコンが使えたり
スマートフォンが使えるだけでは稼ぐことはできない。
稼ぐための方法を知ることと実践することが必要なのだ。

稼ぐ方法

稼げる人は知っている。
稼げない人は知らない。
たったこれだけの違いだけだ。
しかしそのことにすら凡人は気づかない。

割と真剣に金を稼ぐ方法を考えるスレ

アフィリエイト

アフィリエイトは最も簡単に始められるサービスだ。
初期費用がかからず月額コストも他のビジネスと比較しても圧倒的に有利だ。

金融商品

株式投資やFXなど。

不動産投資

不動産投資のサービスは増えてきていますが、吟味が必要。
元手ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー

オフラインで稼ぐ。

ネットで稼ぐのなんてウサンクサイという人も多いかもしれません。

アルバイトで稼ぐ

アルバイトの賃金は最低賃金+100円程度までの仕事が過半数だ。
バイトの掛け持ちなどする人も世の中にはいるようですが、正直肉体労働では高い収入にありつける可能性は薄い。
ポスティングなどをしている人を見かけますが、実に割に合わない仕事をよくやるなと思うばかりです。

独立してしまう?

何か自分でビジネスを起こしてもいい。
せどりや中古商品のネット売買なら資本はさほどかからずに始めれる商売だ。
店舗を構えなくとも始められる事業はおおい。

在宅ワーク

自宅で稼ぐことは2016年代現在可能です。
クラウドワークスのようなサービスで仕事を請け負ってもいいですし、
つてがあるならリアルで在宅ワークを担うことも可能でしょう。

  • 通販のことなら http://tuuhann.jp/
  • 本質のビジネスSEO術 -自動で質の高い集客をして、数秒で見込み客の心を掴み、徹底して売上とウェブサイトの資産価値を高めていく施策