インターネットマルチ

インターネットで展開されるマルチビジネスについて。
情報商材界隈は、詐欺的すぎる販売方法が多い。しかし最近手はマルチ商法的な流れが多い。
これはなぜか若い世代が引っかかっていることが多い。2年位前までは30代40代の人もチラホラいたが、2014年度時点では20代の人が多い。
動画系の怪しい動画でさも稼いでいると豪語していた人らは、2年くらいすると見かけることはなくなった。

そもそも稼げているわけはないので1年間も同様のことをしていれる人は稀だ。
普通は数ヶ月も続けることは出来ないだろう。
貯金を食いつぶしたら、またアルバイト生活がまっているだけの生活になっているのだろうなと思うと、
今後もこの手の同様な商売が長く続くとは思わないが、実際に物販のMLMなども21世紀の日本でも残っていることを考えると、まぁロクデモナイものだと思う。

ちなみにMLMでなくとも労働者と雇用者の関係でも搾取される側と、搾取する側と明確な立ち居地ではあるが、搾取される側がアイデアだけでいきなり搾取するがわになって美味くいくことは殆どない。
実際の起業でも同じ会社が2年後に経営しているのかというと数割の世界なので、独立が高確率で成功するのは普通の事業でも難易度は高いのだから。

マルチ商法

マルチ商法(マルチしょうほう、multi-level marketing)は、世間一般的な概念としては連鎖販売取引あるいはそれに類似した販売形態の通称である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マルチ商法

連鎖販売取引

連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。日本ではマルチ商法、ネットワークビジネスなどと呼ばれることが多い。アメリカでは”Multi-level marketing”(マルチレベルマーケティング、MLM)あるいは”network marketing”(ネットワークマーケティング)と呼ばれる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/連鎖販売取引

インターネットビジネスを装ってやっていることはネットワークビジネスだったりする昨今の若者は、やっぱりバカなんだろうなと思うよ。

騙されない人。


騙された人。

闇金ウシジマくん(30) (ビッグコミックス)
闇金ウシジマくん(30) [ 真鍋昌平 ]

闇金ウシジマくん 30 (ビッグコミックス)


今回のターゲットはカウカウファイナンス従業員マサルの幼なじみ!
日雇い派遣の日々に不安を感じている村上仁はマサルや友人と差がついている自分が悔しい。そんな折、“月収1億の男・天生翔”が主催する天生塾と出会う。

入塾費は100万円。仁は、母親…そしてウシジマから金を借り、塾に参加する。アフィリエイトなどネットビジネスでの儲け方を学び、一発逆転を狙うが……

ネットの時代の新潮流、FA(フリーエージェント)とは、会社や組織にとらわれない働き方、稼ぎ方をすること。
仁を待つのは“大富豪”か“大貧民”か?
FAくん編スタート!!