稼ぐ

インターネットにゴロゴロとある稼ぐ系統の情報やネタというのは断片的なものしかない。
実際素人が興味本位で手を出したところで、稼げるわけがないを。

***をするだけで数万円などというものは大抵詐欺的なものが多い。
そもそも簡単に数千円が稼げる方法があるなら皆が皆やり始めるとすぐに出来なくなる。というよりも基本的に悪質なことだったり事例だったりetc。

自宅で稼ぐ方法とか、むかーしからあるものでもSOHO等の内職は、工場勤務の作業と比較した場合相当工賃が安い。
インターネットが普及した今でも、在宅勤務のような仕事は賃金カットありきの思想から発注しているような事業者がほとんどなので、稼げる仕事はない。在宅ワークは社員やバイトなどと違い最低賃金すらもらえないので、労働時間=金にはならない。この為自営でもしないといつまでたっても楽になる事は無い。

まず最初に自力で稼がないと、稼げるわけは無い。

しかし、稼げるネタはそんなに簡単に落ちてない。

誰でも成功できる方法があるならたくさんの人が飛びついているのですぐに稼げなくなっているだろう。

インターネットで大容量の高速な通信インフラが普及して10年以上たつし、ホームページのサイト数やブログなどで、サイトの媒体事態も作ることは小学生でもできる時代だ。

これで誰でも簡単に稼げる方法がごろごろあるわけは無いということは頭に置いておくべきだろう。

デマだらけ

インターネットでビジネスをしようというのがテーマですが、とにもかくにも、いい加減に嘘だらけの情報に飽きてきた。とにもかくにも初心者がネットで検索したからといってどんな情報でも確実に有益な情報にたどり着けない今、相当困難な道でしかない気がするネットでのビジネスの現状。

2012年現在でもスパムメールの嵐だ。
それでもスパムメールを送りつけてきたり、勝手にメールマガジンを登録されたりで殺意を抱いてしまう。実際には殺意じゃないにしても、情報商材アフィリエイトとか変な無料セミナーとかを紹介している やからは気付いたほうがいいですよ。

自分が搾取される立場だということに。

ミイラ取りがミイラになっている。

努力、かけるべきベクトルが根本的に間違えている。
他人に迷惑かけるようなことを堂々とやって自分だけが美味しい汁吸おうとしたらそりやぁ結果心にやましい部分が残りますよ。
それでも神経図太そうな人達が今でもネット上で商売してますけどね・・・・。

これはオンラインでもオフラインでも関係梨で同様ではあるなぁ。
一刻でも早くまともにインターネットビジネスを始めたほうが良いよ。
他人の恨みが塵積った先に何があるのかは私は見たいとは思わない。

嘘だらけのネットの情報。

      大抵のweb上の情報は、肝心なところは記載されていない。

 

    肝心なところだけが有料になっていて

  • 有料の部分が本当に稼げる内容なのか?
  • 再現性はあるのか?
  • 今でも使える方法なのか?

という事等は、どこにも保障されていない。
やればできるという建前を言い訳にして、やっても稼げない内容のものなど多数存在する。大抵販売者が濁したり回答しない物はNGだ。

レビューサイトも大抵は自分の目前の利益のためだけに中身を見ないで書いているようなものが五萬とある。そんなものが検索結果上位を占めている昨今。

販売者が、自作自演で「宣伝用の無料ブログを作っているだろう」としか思えないような賞賛記事が検索結果上位を占めている悪質なケースも多々見かける。

この手の自演なども業者が請け負っていたりするので怖い。別に情報商材だけでなく、食べログなどでも一時期サクラレビューが問題になった程度。アマゾンのレビューなども度々問題になる。楽天市場なんぞKOBOへの批判レビューを一括で運営が削除したのは記憶に新しい所だ。

誰でも自分にとって都合が悪い情報は削除することは、当たり前かのような状態。

アフィリエイトや、SEO、アドセンス、株式、FX、小遣い稼ぎのサイトや商材、アフィリエイトメールマガジンで稼ぐなどといった情報他にも、ギャンブル、パチンコ、出会い系サイト等多数、嘘だらけの利益欲しさの内容だらけのwebに失望するだろう。

信じれるものがあるのか?

初めて始める、あるいは未経験な人をカモにするということが五萬と存在しているインターネットの社会。顔が見えないので人を欺くことを平気でしているひとが山ほどいる。
むしろ他人が数万円単位で購入してクコとでメシウマな人ばかりの魑魅魍魎の世界だ。

これは稼ぐ系の商材とかに限ったことでもなくて普通のECサイトでも、
明らかに異なる素材違いで宣伝していたりするようなこともあるし、明らかに異なる情報で表示していたりして訪問した閲覧者を欺く人が五萬といる。

某大手ECサイトに出展しているような店舗でも誇大広告で騙されて購入して、到着した品を返品しても→返金対応に応じないような販売者もいたりする。
対面の商売だと、やらないだろうと思うことを平然とインターネット上では、やっている人が多いのが最大の問題だ。

インターネットは9割は嘘しかないよということになるのは、ちょっと悲しいので、なんというか思ったことそのまま真実で記述していきたいなぁと思ったのでインターネットで稼ぐために注意しないといけないようなことも書き綴ります。

ネットビジネスで稼ぐためのメモ書き程度の内容です。

最初にドメインとサーバー

インターネットでビジネスを行うには、独自ドメインとサーバーをレンタルすること。
無料ブログでも稼ぐ方法はあるやないか!」というかもしれないが無料ブログはいつサービス終了するのかわからないのでドメインだけでも取得しておくべき。
被リンクだけは一朝一夕で作れるものではない。スタート直後に大量に自演リンクを張ればそれだけでスパム行為で検索結果から出なくなる。
ドメインを保有しておかないと、無料ブログなどのサービスだとサービスが終わると、被リンクの積み重ねが、全ておじゃんになる。
ドメインの年間費用はjpは2700円 comやnetなら 950円程度だ
サーバー借りるのはちょっとという場合でも無料ブログでも有料プランなどで独自ドメインを使えるサービスもある。ひとまず独自ドメインは取得しておくことは最初の一歩だ。
ドメインの設置方法は意外と厄介なジャンルですが、一度覚えればスムーズに出来る。ひとまずドメインの利用方法だけは覚えておいたほうがよい。
後twitter等の無料サービスでもアカウントのURLをコロコロ変更する人は損していることに気付いた方がいい。

レンタルサーバー

月額200円程度からのものでも最近はWordpressが使えたりする。まぁ月額500円程度のから始めたほうが無難だとは思う。1ヶ月に数百円の金額が払えないということであれば、もう色々と稼ぐ事を放棄しているとしか考えられない。
HTMLサイトで作るよりもCMSのWordpressで作ったほうが内部SEO対策も、更新作業も楽なので、Wordpressの知識くらいは本でも読んでレンタルサーバーに設置できる程度の知識は独学ででも覚えるべき。
最悪どうしてもWordpressが理解できないということであれば、wordpress.comの有料プランなどでドメインを設置するとか、livedoorブログやFC2ブログで独自ドメインを設置するだけでもいい。

格安なレンタルサーバーでも無料お試し期間が10日~14日程度あるサービスは多いのでそれらで色々と試すのは有。
サイトという物とインターネットの構造の知識を深める為にも、ここでくじけないように。

SEO

サイトを作っても、人が来ないサイトを作っても無意味だ。内部対策に被リンクが何故必要なのか?どうしたらナチュラルリンクが集まるのか?上位に表示されるコンテンツ作りのために必要な知識。
Googleの検索エンジン対策としてやってはいけないことなどの知識。何がスパムになるのか知らないと、浅はかな上位対策SEO業者の鴨にされるだけなので、防衛の為にも基本的な知識は必要。
2013年3月時点ではGoogleがどうもパワーが強いドメインを優先して上位表示しているので投稿が早かろうと後から記載したサイトに負けるのでなんか飽きてきた。
Googleに対する、SEO糞くらえである。
知名度≒拡散率が高い方が勝つというGoogle

広告出稿

SEOで集める事が出来ないサイトは、PPC広告などで露出させるしか無い。メールマガジンはリストが無いと無意味なので最も即稼ぎたいということであれば広告出稿が最短な方法ではないだろうか?