情報弱者

情報弱者略して情弱。
インターネットの利用が一般的にあたりまえになり情報格差は広がる一途になっている。

インターネットが当たり前になっても格差が出る理由

kitaaaaaaaa
インターネットがモバイル端末で利用可能になっても情報格差は広がるばかり。
使う側の知識が低いおもちゃにしかならない事例だ。
どんなに美味な食材と調理器具があっても作る人の知識がないとマズイ料理が出来上がるような状態。
便利な自動車も乗り方を知らなければタダの鉄の塊である。

大学生でもバカは馬鹿

大学生だろうと中学生・高校生だろうとバカッターはいる。
政治家だろうとtwitterやブログでシネとか発言したり病院の不満を書いて炎上したり。

嘘や欺瞞

情報は価値があるが、情報を正しく利用できないと損をする。
騙す人も多くいる。
WEB上で繰り広げられる『釣り』などという娯楽のために人を欺く人も居る。
インターネットは有益な情報よりもノイズや嘘が多い。
現実で大ボラ吹きや詐欺師と出会う可能性は滅多にないが、インターネットで検索すれば嘘や詐欺的な情報は簡単に見つかる。
どこかの国のように騙される人が悪いとまでは言わないが、それでもあっち系の人は日本でも割りと多いのが現状だ。

資本主義

冷静に考えたらわかる。
『1ヶ月に数百万円稼げる方法を売る』という内容は、月に数百万円上げるとも同議だ。
しかも数十万円で教えるはずが無い。
普通だったら人を雇ってでもその人にやらせてアルバイト代として一部を渡す程度なのが資本主義だ。
甘い誘いに乗るのは危険だ

子供も「なりたい」と憧れるユーチューバー?どの位稼げるのか?