餓死と生活保護

餓死事件が減らない。
2009年頃にオニギリたべたいとメモに残していた事件があったがあれがどうも印象に強い。
その後も餓死者は発生している。昨年も埼玉あたりで餓死事件があったことが記憶に新しい。

生活保護が滞らなければ餓死は日本では起きないはず

この国では、最低限度の文化的生活を法律で認めている。
しかし何故か毎年のように餓死者の報道が在る。
たぶんこれには生活保護という制度と、社会的な価値観とのギャップがあるようにも感じる。

31歳・元社長令嬢はなぜ餓死したか…冷蔵庫にはマヨネーズの空容器だけ

産経新聞 12月19日(木)12時20分配信

 電気やガス、水道さえも止められた部屋。現金も食べ物もなく、冷蔵庫には中身がなくなったマヨネーズの容器しか残されていなかった。11月下旬、大阪市東淀川区豊里の団地の一室で、この部屋に住む無職の女性(31)が餓死しているのが見つかった。女性は生前、認知症を患う60代の母親と同居しており、亡くなった会社社長をしていた父親の保険金を取り崩しながら飢えをしのいでいた。ところが、その蓄えも今年、底を尽きてしまい、死亡の数カ月前には親族に「お金がなくて困っている」と訴えていた。こうした窮状は行政や近隣住民も知らず、誰からも手を差し伸べられなかった。女性はなぜ、ひっそりと亡くなったのか。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000538-san-soci

この事件はそもそも、あれだ公団が運営しているマンションだろう。

機能していない福祉

この記事では書かれていないが以前の別の報道では確か公団だったはずだ。
これは単純に管理会社がきっちとり生存者の管理ができていたら餓死は回避できていた問題だろう。
要するにこの事件の問題を隠そうとしているのは面子の問題だろう。
役所がそこに貧困すれすれの水準の人がいることを認識しておいてセーフラインが役に立っていない事もおかしい。
まぁ実際役所に相談しに行った所で、働きなさいと、応急小口手当て渡されてサイナラというパターンで積むのだろうけど。

進展しているのは机上の空論だけなのか?

数年前の餓死の問題から、電気・ガス・水道といったものが止まることがあれば、普通は役所とかに連絡が入る仕組みになっていたはずだがまったく機能していないのかとしか疑えない。
あと引きこもりとかいじめとかの被害者だと、性格的に鬱屈したものになるのは必然だったりする。
PTSDとか発祥する程度でなければ、表面化しにくい問題ではあろうが、仕事で鬱になったり、最悪自殺する人がいる反面で、餓死者もいる日本社会って本当結構なサバイバルっぷりである。
普通に野生で動物を狩りしているのよりも精神的には辛いと感じる水準だろう。
しかし農業に手を出す若者が少ないのは今の資本主義とグローバル社会の風潮か・・・・。
働いても地獄、生きてても餓死というのは実に人権を尊重している社会ではない。

片方で治安がいいからと、バカッターなどで満喫した人生を過ごしている若者とか大人が失笑にも値すると感じたりする。

ホームレスは減らない感じ

東京都内を見渡してもホームレスの人は意外と居る。
何故か何年たっても消える事は無い。一定の水準でホームレス化している人も中にはいるのだろうと思う。ホームレス用の施設があるにはあるが、多分知らない人も多いのでは無いだろうかという気がする。実際比較的若い年代の人の顔ぶれも見かける事はできるが、スタッフも若いので辛く感じる水準ではある。ただし冬の寒さで凍え死ぬよりはましだとは思うし社会復帰の最低限なセーフラインが存在することはあまり知られていないのかもしれない。
たぶんあの施設や都や行政が行っているホームレス対策も相当ザルな事業だとは感じる。

もっと時が経てば悪化すると考える

今後2020年に東京オリンピックらしいが、その頃までには今の引きこもり世代の親がなくなったりで餓死者も右肩上がりで増えていくことが懸念される。
そのときホームレスが今よりも増えていたら行政はどう動くのだろうか?今の時点で生活保護費引き下げだとか再就職支援などに力を入れている様子ではあるが、多分根本的な労働の場の改善や色々な問題を解決しないと、ことの本質は変化しない気がしてなら無い。

教育現場からテコ入れが必要な印象

実際学校でのいじめは、犯罪として裁かれることは無く、いじめた側がノウノウと暮らしていて、
職場でのパワハラや超過勤務は立証して訴訟することが難しい場合が殆どなので泣き寝入りが殆どだろう。
サービス残業ですから慢性化している世の中で生きやすい社会になるとは到底思えない。

最低限文化的な生活…

年末年始に、カニ鍋とか食べていられる世帯は餓死とは縁が無いのだと思います。

極度な貧困の先。
極度な貧困の先にどうなるのか、現代の日本人は極度の貧困差を体験したことが無い世代が殆どだろう。

ホームレスについて
ホームレスになる人を、自己責任だとか、その人が悪いという人が割りと多い。