無料でサイト作成

2016年9月25日

ネットビジネスをはじめる際に難問として上がるのがHPホームページ作成ですが、簡単にサイトが作成可能なワードプレスを使用することをお勧めします。
ECサイトはHTMLで作っている場合などでも
社長ブログやスタッフブログなどはCMSという選択肢の場合は、WordPressが楽です。

ですが通常のワードプレスだと、MYSQL設定や、FTPソフトでアップロードしたり属性設定など、初心者にはツマヅキきやすいポイントが多々あります。

PR

無料でHPを作るのにワードプレスで1円もかけずにサイト作成するには

そのため、無料でwordpressを使ったサイトを作成して見たいと思ったことはありませんか?
ここならそれが1円もかけずにずっと試すことが出来ます。



スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


他にも有料レンタルサーバー事業者には、1クリックインストールというサービスでワードプレスの利用を簡単に導入できるサービスはありますが、ここのサービスであれば1円もかけずに利用できるので一番手間がかかりません。登録後すぐに利用可能なので誰でも気軽に利用可能です。

もちろん、容量が足りないといった場合や、サービス内容に万が一不満があっても、ワードプレスなら簡単な設定でインポートやエクスポートで引越しが可能なので、その後有料版のレンタルサーバーに移行することも可能です。
デメリットとしては広告が表示されたりする。
この事は、有料プランなどで回避できるようでずかwordpressに慣れたら、レンタルサーバーで運用したほうがメリットは大きい。引越しは容易なので、練習程度に。

どうせ作るなら独自ドメインで

大手サイトで独自ドメインで運用していないサイトの気が知れません。
どこがとはいいませんが、あーいうのって何か裏取引でもあるのでしょうか?
長期間運用するつもりなら独自ドメインで運用しておいたほうがお勧めです。
バリュードメインが無難でお勧め




価格も最安値の価格帯ですし、利用者が最も多いドメインサービスだと思います。




お名前.COMが一番最安値ではありますが、この2社のどちらかで利用するのが無難でしょう。

有料レンタルサーバーをレンタルする場合は

安い価格でレンタルサーバーを借りたい場合は、

  • ハッスルサーバー
  • WordPress設置するには一番安い価格で利用可能。
    もっと安いところもあるだろうけどMTの簡単インストールが使え、自分でアップロードすれば、WPも使えるので便利。ただしMySQLは1個なのでMTとWPとか違うものを共存はさせないほうが無難。WPほいくつも設置するのは可能。

  • ロリポップ
  • 個人サイト向け。
    ただ過去のトラブルとか見てると、ロリポップで運用するのは少々危機感はある。今はRAIDっぽいですけどね。
    さらに一段階上のサーバーを借りたいのであれば

  • さくらインターネットやチカッパ
  • チカッパが 30GB 525円とお得。 スペックは不明。

    さくらも、月500円~ 10GB と容量は十分 スペックにかんしては、スペックの高さでは、1日3万PVあっても非表示にはならなかったとどこかのブログでかかれてましたよ。(割り当てられるサーバーの運もあるかも知れませんが。)

    さらに上位プランは、月額料金1,500円容量40GBということなので、このあたりは、目的用途によりけりかと思います。

    さくらも使ってはいるけど、ちょっといろんなところで引っかかる部分がある・・・

    トラフィック増加とサービスの問題点

    ただネックになりそうなのがサイトが成長したばあい、トラフィックが増えすぎたりして裁けなくなった場合に、
    別プラン(上位)に切り替えることはできないそうで一度解約→再契約しないといけないそうな。
    あるいは別申し込みで、URL設定引越しかな・・・。
    手続き方法はよくはわかりませんがこの点だけがネックなのかも知れない。
    ほかのサービスがどうなっているのかはわかりません。

    さらに上のランク

    さらに共用サーバーで大容量なサーバーだと↓こういうのがあります。


    アフィリエイトタグ http://www15.a8.net/0.gif?a8mat=1I2PDR+5R76VE+50+355FIP” alt=””>

    お名前.comレンタルサーバー 容量100GB~ 月額1365円~

    当方は、ここ↓利用

    なんでか?
    割高だから。

    高機能マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】
    sixcore 容量50GB~ 月額1865円~
    下位のプランにXサーバーというサービスもあるのですが、あえて2倍近いのに制約が多い価格のこのサービスを利用しているのは、単純に分かりやすかったからですorz

    XサーバーだとMysqlたくさん作れたりするので、たぶん普通に比較したらXサーバーを使うと思いますが、別ドメインとかでさくらとか使ってはいますが、まぁなんとなく、SIXCOREは割高ですが、愛着でつかっとります。
    高くて少ない容量だと、割高なので一杯一杯にはならない気がしたので。

    これ以上は、企業として大規模なサイト構築で、借りるのであれば、専用サーバーが無難になるかと思います。
    ちなみにVPSを一度試してみましたが私には到底知識不足でしたorz

    専用サーバーかりることが必要なくらいのサイト規模になれば、さくらインターネットのマネージメントサーバーが比較的楽そうな気はするのでした。(まぁまだその必要は全然無いんですけどねorz)

    追記
    2013年11月現在はwordpress専用レンタルサーバーが多数出てきている。
    忍者
    Wpx
    などといったクラウド形式のものも出ており
    ペータ運用のSOBAというサービスではCDNも容易されているとのこと。
    今後のWordPress向けのレンタルサーバの行方は気になる所。

    2016年度時点

    2016年現在ではクラウドタイプのサービスが良い。
    メールサーバーなどを利用したければエックスサーバー。

    WordPressの運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービス【wpX】

    Posted by 4m7.net 管理人