【中国】習政権の「反日」ついに実力行使

2016年12月26日

習政権の「反日」ついに実力行使 ということで、『中国の裁判所が戦後補償の一環として、商船三井の船を差し押さえた』
ヤクザ国家中国が本性剥き出しにしたようだ。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

商船三井の船差し押さえ、反日「実力行使」に

2014.4.20 23:04 (1/2ページ)[日中関係]

 【北京=矢板明夫】中国の裁判所が戦後補償の一環として、商船三井の船を差し押さえたことは、前例のない強硬策といえる。習近平政権による反日キャンペーンは、言論による日本批判から日本企業の資産接収という「実力行使」に進んだことを強く印象づける。今後の日中関係に深刻な影響を与えるのは必至だ。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140420/chn14042023040006-n1.htm
『言論による日本批判から日本企業の資産接収という「実力行使」に進んだ』ということで今後も多発する可能性が強い。これって民間巻き込んだ宣戦布告だろう?

「『戦争賠償の放棄』を明言した中国が、戦時中の問題をめぐり、現在の日本企業の財産を差し押さえることは、外交条約から見ても法律的に見ても非常識な暴挙だ」


中国の成長のために中国で活動してきた企業に対して戦前のことを理由に今になってから財産を取られるということでこの問題は中国の国家の有りようとしては不信そのものに他ならない。
しかも2014年4月20日の報道でこの事が伝えられたら中国のネット上の書き込みでは

「遅すぎた英断だ」「中国にある日本企業の財産をすべて没収すべきだ」といった書き込みが殺到した。

という記述が見当たるなど中国のキチガイっぷりが滲み出している。

 中国では現在、第二次大戦中に強制連行されたという元労働者らが日本企業に損害賠償を求める訴状を裁判所に提出する動きが相次いでいる。今回の司法判断を受けて、今後、被告となった企業の中国国内の資産が次々と差し押さえられる恐れもある。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140420/chn14042023040006-n2.htm

ODAとか戦後賠償大量につぎ込んできて戦後70年近くたったこんなことする中国という国頭がおかしいだろう。時間とか年月とか賠償してきた事実を考える脳みそがからっぽなのかも知れない。頭悪すぎて理解不可能だ。

 株価低迷や環境の悪化となどの問題を抱え、習近平指導部の求心力は低下している。

 ある共産党筋は、「習指導部は、江沢民時代以降実施してきた愛国主義教育によって、国民の間で高まっている反日感情を利用し、国民の不満をガス抜きさせようとしている」と分析した。

習近平という人物が糞なのは理解したが、中国傾かせるのはこの人物しかいないだろうな。