中国人はお金の為なら虎でも余興に殺す。

2015年4月9日

中国人は、お金の為なら虎でも余興に殺す国民性らしい。客寄せパンダどころか外交の材料・レンタル料金年間数億という高値の取引を行うパンダを使っていることで有名な中国ですが、今度は中国国内で、富裕層向けの娯楽ショーの為に絶滅危惧種の虎を解体していたというのだから驚きである。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


虎を殺すショー中国

富裕層向けに「トラを殺すショー」、中国地元紙

AFP=時事 3月28日(金)15時2分配信

【AFP=時事】中国南部の広東(Guangdong)省湛江(Zhanjiang)市で、地元の役人や富裕層を対象にした「目を楽しませる余興」として、10頭以上のトラが観客の目の前で殺されていたと、国営メディアが報じた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000036-jij_afp-env

もう完全に拝金主義のためになら何しても構わないと言い表しているかのような現象にしか見えない。
オチもぶっとんでいる。

 警察によると、ある食肉処理業者はそれまでに10頭以上を殺していたという。この業者は、捜査を受けた際に逮捕を免れようと建物から飛び降りて死亡した。

最後はバレたら飛び降り自殺ということがいさぎよいと考えるか、中国の警察やら他色々なものを恐れてのことかは知らないが、悲惨である。

トラの骨には強壮効果とされていることを信じている人が少なくないことも虎殺しの要素らしいが・・・・日本でも漢方の科学的な効果は不明でも結構使う人はおおいので一概に馬鹿にはでき無い気がしてなら無い。
2014カタログハウス

虎の数

最後の下りで虎の生存数が記載されていた。

 国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature、IUCN)による絶滅の恐れのある生物種のレッドリストで、トラは絶滅危惧種とみなされており、密猟と生息地の破壊により、100年前には10万頭が生息していたといわれるトラは、現在約3000頭にまで減っているという。

10万頭が3000頭って・・・。もう滅びかけじゃないか・・・・それでも娯楽で殺すというのは信じられないレベル。
この虎殺すことを行っていた人らは、家族・知人を虎の前に裸で差し出されて殺されても文句はいえないレベルに感じる。

日本で中国人がインターネット上で日本人を鴨にする詐欺が横行しているが、中国人はそもそも騙されるほうが悪いという開き直り文化で、中国国内でも常識がバレナキャいいという文化がどうもキチガイじみている。係わり合いになりたくない国である。

生きた牛がトラの餌 中国サファリパークの残酷見せ物 China’s Zoos

動物に襲われる人間たち。閲覧注意。