魔法少女まどかマギカ オンラインが糞ゲームたる所以|ソーシャルゲーム

2016年2月12日

http://mm.my-gg.com/
魔法少女まどかマギカ オンラインというまどかマギカのタイトルだけ被って中身はゲーム性が皆無のすごろくゲーム。オンラインゲームなのにオンラインである楽しみも全く皆無のクソゲーだ。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

魔法少女まどかマギカ オンライン

  • ゲーム性 無し
  • デザインのみ 
  • 課金する価値 0
  • ゲーム内容

    魔法少女まどかマギカ オンラインというゲームは、ブラウザゲームであることから分かるように、一般的なソーシャルゲームと大して変わらないクオリティーの内容だ。
    既存魔法少女の各種デザインだけでも楽しめるかと思ったが、画質は小さい画面サイズも小さいので、画を楽しむには性も無いつくりである。
    戦闘シーンも完全にオートであり、ひたすらクリックするだけしか作業は無い。
    歩行もすごろくなので自由度は一切無い。
    ひたすらカードを強化するだけのゲームだ。

    運営が終わっている

    ゲーム中のトラブルに関する対応も、運営がずさんな対応しかしていなことからも、課金はするべきでは無い内容のゲームなのだ。むしろこのゲームに課金した人は頭が弱いと指摘されても言い返せる要素が無いと思う。
    魔法少女まどかマギカ オンラインにてプラチナチケット誤送付の流れを見てみた
    ガチャ課金システム採用しているため課金してもどんだけ突っ込んでるんだというあほなキャンペーンしか開催していない。
    ゲーム内で完遂できるイベントよりも圧倒的に課金キャンペーンの方が多い印象だ。
    ここまで常に課金キャンペーンを繰り広げているゲーム会社は見たことが無いのだが最近ではこういう事が一般的なのだろうか?

    こんなゲームは普通は誰もプレイしない

    このゲームはゲームとは言えない内容である。中身が全くからっぽなのだ。普通にスゴロクゲームという内容でしか感じられないしバトルは存在するものの、先頭が始まった時点で終わりが決まっているような作りのシステムなのでこれに楽しいと感じる要素は無い。

    まどかマギカオンラインというパッケージが無かったらこんなゲームをプレイしないと思う内容のゲームである。
    このパッケージを被っているからこそこのゲームの悪徳性が強く感じられる。
    私個人としては、株式会社ストラテジーアンドパートナーズという会社は絶対信用したくないし今後この会社が提供するサービスは2度と触れたいとは思わないだろう。関わりあいたくないし課金すら恐怖を感じてしまうよ。

    ガチャさえなければ許容する

    ガチャさえなくて、他の課金システムを採用していれば、まだこのゲームに拒否感は出なかったと思う。しかし、このゲームは中身のゲーム性が一切無いくせに、課金システムにガチャを用いていることと、そのキャンペーンの展開方法が悪徳すぎるというか高価すぎるし明らかに大きなお兄ちゃん向けゲームに成り下がっていることが腹立たしいのである。このゲームに課金するくらいなら課金しないでこんなゲーム会社或いはゲームタイトル潰すくらいの方がまだ、賢い方法だろう。
    日本国内でゲーム提供している会社でガチャ採用している会社はゲーム会社としての誇りもプライドも一切無いということに気付かないのだからアニメ会社が何を思ったのかがさっぱり理解できないところである。

    過去の例などで考えるとヒットしたアニメがパチンコで出るような印象しか受けない ガチャ課金システムだ。
    ガチャ自体が、パチンコとどうも被ってしまって、いただけ無いのである。
    海外ではガチャシステムの課金は廃止しているところがほとんどらしい。
    これは極論でいうと危険なものなのである。

    課金キャンペーンの内容も問題である。
    キャンペーンの価格が3万円とか課金しないと欲しい様な商品が手に入らないのだから糞キャンペーンである。この運営会社は、まどかマギカというアニメ作品を用いて、”ガチャ”という悪徳商法を用いている事がとてつもなく、気持ち悪いし、ガチャシステムを断じて採用すべきではなかったと思うのだが・・・。
    こんなものでは、パチンコ商売や、サクラ出会い系サイトや、ぼったくり情報商材販売と大差ない。
    よくもまぁアニメ会社はこんなゲーム会社に権利渡したよなぁとただ思う。
    結局は金なんだろうなぁと。

    しかし現在常時接続者の数は某ツールを用いたと思われる書き込みでの調べによれば1鯖あたり1000程度の様子で推移している程度のことなので、
    ユーザー数事態は極端に大いというものでも無さそうなのが救いかもしれない。