【韓国】安倍晋三首相「韓国には本当に疲れる」

2016年12月14日

安倍晋三AA2012年9月に、韓国の当時の大統領は天皇に土下座しろといっておいた国なので、まぁ日本の総理大臣が対応に手を焼くのは分かるが・・・どういうことだろうかと。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

10月決断、「年内に…」米中韓関係見極め「空白」断つ

12.27 12:08 [安倍首相]

2013.12.27 12:08 (1/3ページ)

靖国神社で秋季例大祭が行われていた前後、10月中下旬のことだ。安倍晋三首相と数人の知人が会食し、うち1人が帰り際に「靖国参拝はどうするのか」と尋ねると、首相は気負うでもなく淡々と答えた。

 「年内に必ず参拝する」

 おそらくこの頃には、刻々と移り変わる内外の諸情勢をなお慎重に見極めつつも、年内参拝の腹を固めていたとみられる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122712090011-n1.htm
というよりも60年以上の前の戦争を持ち出していまだ靖国参拝に文句を言う中国と韓国の、国内世論を外交に向けさせる同行は日本人から見ても迷惑極まりない行為だろう。
先日も靖国神社で韓国人と思われる人物が池に立小便している姿の写真をアップロードしていたりということからも韓国が靖国神社にストーカー的な気質を見せているのは、日本人にはもう分かりきっていることだろう。

靖国参拝のマイナス面も考え抜いた。参拝すれば中国や韓国の強い反発は避けられない。さらに、東アジア地域に波風が立つのを嫌う同盟国の米国からも厳しい反応が飛び出すことが予想される。首相は、特に韓国の感情的な反発に対しては「日本は韓国と戦ったわけではないし、本当に疲れる」とこぼしもした。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122712090011-n1.htm

ひとまず、韓国人は日本を責める前にベトナムにでも眼を剥けたらどうなんだろうかと思う。(鏡見ろの意味合いで)

実際、今回の首相の靖国参拝後、駐日米大使館は早速「失望」を表明した。これはホワイトハウスの意向だとされる。ブッシュ前政権時代の米国は、当時の小泉純一郎首相が6回にわたり靖国に参拝しても、ことさら批判したり参拝自粛を求めたりしなかったにもかかわらずだ。

 「これがオバマ政権だ。靖国参拝の本来の趣旨や目的など原則的な話は受け付けず、ただ中韓との関係悪化はダメだと言う。修復はちょっと時間がかかる」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122712090011-n3.htmアメリカのオバマ政権もわりと変な事を主張するんだなぁという印象。

個人事業主について