東シナ海での戦争を避ける方法というのがあったのでメモ(尖閣諸島)

2016年12月14日

東シナ海での戦争を避ける方法というブログ記事のメモ

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

東シナ海での戦争を避ける方法

2014.04.07(月)

済的な強さと軍事力を別にすると、大国同士の関係における重要な要素の1つが信頼性だ。同盟国と敵国は、あなたの発言が本気であることを知っていなければならない。東アジアほど、このことが当てはまるところはない。バラク・オバマ米大統領は、今月下旬に米国国旗を掲げてアジアを歴訪する時、この点を心に留めておくといいかもしれない。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40379

 日本側から即座に返ってくる返答は、中国の習近平国家主席はとどまるところを知らぬ拡張主義の針路を取ったというものだ。中国は、日本からだけでなく、ベトナムやフィリピンからも領土を奪い取りたがっているという。中国が最近設定した防空識別圏の侵入的な広さが中国政府の意図を示す証拠として引き合いに出される。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40379

習金近チャイナドリーム

仮に中国が侵攻した場合に米国が傍観すれば、計り知れない代償が生じる。中国の最終的な目的は、米国を西太平洋から追い出すことだ。尖閣諸島を放棄すれば、米国は地域での信頼をなくす。シンガポールが陥落した後に英国の名声が地に落ちたことを思い出す人もいる。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40379?page=2

 うまくバランスを取ろうとするオバマ氏の行動が、平和を維持するのに役立つと確信できる人は誰もいない。危険なのは、どちらか一方が米国政府に選択を迫ることだ。クリミアへのロシアの進軍によって、西側がどこに線を引くのかについて疑問が生じた。北大西洋条約機構(NATO)はバルト諸国を巡って戦争を始めるだろうか、という疑問だ。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40379?page=3
まぁ中国が国際的に見てもアウトな行為なのだが、いつまで中国は無茶苦茶な事を繰り返すのだろうか?というよりも今中国に投資している日本企業とか、気がおかしい気がしてなら無い。普通に考えたら反逆だろう。或いは何か裏があるのだうろか?
中国の製造業について