最近あった事件、凶悪な事件とかPC遠隔操作の事件とか引っかかる要素が多い

2015年7月21日

2014年3月までに逮捕されたり釈放された事件。

checkMate
チェックメイト

事件が起きたものは2013年からのが2件と、最近あった事件で、凶悪な事件とかPC遠隔操作の事件とか引っかかる要素が多い。
日本の警察とかソーシャルメディアなどのインターネットサービスも踏まえて色々と難が強くなってきた気がする。

三重県の高校生による殺害事件

2013年夏に女子中学生が殺害された事件での、容疑者として3/1日に卒業式を終えた高校生の逮捕 という事件。
金銭目的での殺害と主張しているらしいが、何食わぬ顔でtwitterで色々とツイートしていたり、その後学校生活を普通に送っていたというのが尋常ではなく怖い事件。就職先も決まっていたようで該当アカウントのtwitterプロフィールにも会社名が記載されている。
警察が犯人を洗い出したりしたのが最近のことだったようだが、加害者の氏名や学校名など、少年法の名目で何も分からない事件。ひとまずこの事件は、逮捕されても色々と問題がある気がする。

千葉県の通り魔

千葉県柏市で2014年3月3日に起きた、連続通り魔事件、容疑者を逮捕したのは3月5日。


title=””>

動画


通り魔的な犯行ということで、これも20代と若い。

  • 【マジかよ】千葉県柏市連続通り魔の犯人はニコ生主だったことが判明 生放送やYoutubeでナイフなどを自慢 http://blog.esuteru.com/archives/7572406.html
  • この記事内のツイートが事実だったとしたら、仕事とかしている筈なのだが人としてやはり変な気がする。
    ただ言える事は近所で奇声や大声を上げている人がいる地域はとっとと引っ越し他方が身のためだということだろうか・・・・・・。
    ニコニコ生放送が悪いとはいわないが、USTREAMなどと比べると変な放送が多いことは多い。FC2だと完全にエロ特化だったりするし。

    PC遠隔操作の容疑者だった男性が1年1ヶ月ぶりに釈放

    取調べの様子などから、証拠は揃っている 立証するにいたると警察は仄めかしていたようだが結局釈放という警察再度の姿勢から推測されるのは自白強要の無謀な拘留でしかない事件。
    この事件前例で4件冤罪逮捕していたのにこのままだと、5人目の冤罪という結果になる。
    (現時点で確定的な証拠は無い上での釈放)
    これは明らかに人権侵害であり、勤めていた職場や各種信頼や名誉を毀損しただけでなく家族や、知人会社など様々な被害を考えると警察や検察のあり方はこれでいいのだろうかという気がしなくもない。
    PC遠隔操作事件はそもそも誰かが死んだり殺傷された事件ではない。
    経済的な被害や、冤罪による被害はあるにはあるが、直接殴られたりする被害が無い事件で警察が誤認逮捕で拘留する事例が相次いでいることの方が致命的に痛い事件な気がする。

    余談

    こういうことがあったりする中でひとまずスマートフォンなどの普及が学生で当たり前になって当然のようにLINEなどで遊ぶことでいじめや援助交際、年齢の境が無い拘留だったりで犯罪にかすっている事例も散見してきているが、
    2013年夏のバカッター騒動から半年くらいたつが、
    ちょっとそろそろインターネットの利用について、真面目に考えたほうがいい気がしてきた。
    或いは何かビジネスチャンスがありそうな気がしなくもない。