面白い作品

面白いアニメや漫画、文庫などの作品は他にない展開やキャラクターな気がする。

例を挙げてみる。

エヴァンゲリオン

ロボットアニメか?というところから、なんだかんだで中学生のやり取り 殴られて殴ったやつが死んで(重症)、
色々ありつつも主人公一人、アニメ放映分は最終回で意味不なまま終わる。

  • 劇場版射精
  • 世界崩壊END。
  • こんな作品普通は無いですね。ハイ。
    19990年代のエヴァは当時のアニメとしては凄いです。

    クラナド

    風子参上。
    そのくらい。いやゲーム版でいいかなぁ・・・
    ケサランパサランっぽいので奇跡でなんでもかんでももっていく異様なストーリーで萎えるか悶えるかわかれそうなトンデモファンタジー。
    明らかに異常な作品でしかないのに・・・。
    ファンタジー要素に誰も突っ込む人がいない作品。

    ひぐらしのなく頃に

    同人ゲームからの大成功事例として奇跡的なタイトルにしか感じられない。
    あの元絵でここまで受けるというのも凄い。
    色んな意味合いで異様。

    涼宮ハルヒの憂鬱2期目

    エンドレスエイト
    何回同じシーン見たか忘れましたが、わざととしてもやりすぎですね。
    見ていて疲れる地上波アニメとしては秀逸なタイトルになりましたね。
    悪名の名高さとしては恐ろしい例として秀逸です。

    まどかマギカ

    百合でしかない話。他の魔法少女は話を盛るための材料にしか感じられないが基本百合。もといほむほむ物語でしかない。
    タイトルに『まどか』とか魔法少女とか付けていたりあの絵が曲者なのはいうまでもなくQBさんのあのキャラクターでありーので、結局ただの百合でしかないのにとてつもなく盛った話。
    極端に中身に実があるストーリーでは無い。むしろただの復讐劇というか意地でしかない作品。

    シュタインズゲート

    ゲーム原作アニメ他。
    作中の期間は1ヶ月程度がメインのはずだがシナリオが複数なためとこんとん話を多展開しているのが恐ろしい点。舞台が東京都でなかったら受け方はもちっと下がっていなくもないかも知れない。あんな話考える思考が変なくらい突飛。

    進撃の巨人

    本編自体もまだ終わってはいなが、ただ巨人が敵というだけの話。
    過去にもガンダム以前から巨大ロボットや怪獣特撮ものは山ほど作品はあって過去にはガリバー旅行記のような物もあったりしますが、現代に改めて、巨大な人が食い散らかす作品というものがここまで怖いという視点が抜けていたことの裏をかいた漫画。普通に妖怪とかお化けやゾンビよりも巨大な人の方が怖いという例ですね。

    結論

    ありきたりな展開しか出来ない話にはどうしても飽きる。展開かネタなどの材料か、表現しているものや錯覚など何か斬新なものがないと面白いと感じれない昨今。
    しかしながら片方では、定番ネタでも受け居られるタイトルも存在しているがどちらが凄いかは、あえて比較しないが、目新しいものの方が受ける気がしてなら無い。

    「いじめコネクト」とか「サムゲ荘」などというものは悪さという点では酷い事例としては、残っていて欲しい物です。無理にネタを詰め込もうとして爆発した悪い事例でしょうね。大やけどでしょうね。

    展開や、話がありきたりでもキャラクターやネタといった小さい材料だけでもっている作品も多いので(ステマ除く)、なにが良いとするかは人それぞれで。