アニメ若手制作者 平均年収は110万円余

アニメ若手制作者 平均年収は110万円余 NHKニュース 4月28日 5時03分
この調査は、優れた作品を数多く輩出し、海外でも評価が高い、日本のアニメーションの制作者の実情を把握しようと、文化庁が業界団体に委託して行い、759人から回答を得ました。

アニメ若手制作者 平均年収は110万円余 NHKニュース 

4月28日 5時03分

この調査は、優れた作品を数多く輩出し、海外でも評価が高い、日本のアニメーションの制作者の実情を把握しようと、文化庁が業界団体に委託して行い、759人から回答を得ました。
それによりますと、制作者の1日の労働時間は平均で11時間と、拘束時間が長いことが分かりました。その一方で、20代の若手が多い動画を担当する制作者は、平均年収が110万円余りとほかの産業に比べて極めて低い水準にとどまっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150428/k10010063221000.html

「もっと人間らしい仕事がしたい」「アニメ業界は一度滅びたほうが良い」――JAniCA、アニメ制作者の実態調査結果公表 厳しい労働環境浮き彫りに

物価が上がっているのに、単価は上がらないまま、仕事の内容はどんどん重く(線の量、絵柄)なっていて、ごくごく普通のアニメーターは、本当に月1回くらいの休みでずっと働かないと収入が得られない現状です(略)[女,20代,原画]
もっと人間らしい仕事がしたいです(略)。夜には家に帰って寝たいです。ごはんもちゃんと食べたいです。日曜くらいは休みたいです。いや……日曜じゃなくてもいいので週一くらいは休みが欲しいです。とにかく今は休みたいです。手が痛くて辛いです。[女,20代,原画]」
将来や老後が不安でしかたがない(略)。常に辞める事が頭をチラついている。将来は過労で死ぬか、ホームレスになった後のたれ死ぬんだろうなと思っている。[女,30代,原画]

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1504/29/news028.html