アニメ制作社員の自殺「月600時間労働」

アニメ制作社員の自殺の原因が「月600時間労働」ということらしいが、これだと1日20時間働いていたということになるがどれだ超人なんだろうか?

アニメ制作社員の自殺 クールジャパン支える「月600時間労働」の衝撃

産経新聞 4月25日(金)20時4分配信

 アニメーションは、日本が世界に誇るポップカルチャーの代表格だ。ところが先週、平成22年に自殺したアニメ制作会社の元社員男性=当時(28)=が、過労による鬱病が原因と労災認定されたことが伝えられ、月600時間労働という過酷な実態が明らかに。「クールジャパンの底辺が、こんなにきついとは」と、衝撃が改めてネットに走った。

 亡くなった男性は、東京都杉並区のアニメ制作会社の元社員で、平成18年から21年12月まで正社員として勤務。制作進行と呼ばれる現場の調整役を務め、人気アニメ「おおきく振りかぶって」「かんなぎ」などに携わった。過労で鬱病になり、通院したが、退職後の22年10月に自殺。新宿労働基準監督署が労災と認定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140425-00000562-san-soci

 一方、アニメ制作の関係者とみられる人たちは、「月に300時間や400時間の労働なんて、アニメ業界では当たり前。600時間も十分あり得る」「追い込み時期は土日もなしで毎日3~4時間睡眠」などと業界の実態を暴露。リアリティーたっぷりの発言に「これが世界に誇るアニメの現実か」「恐ろしすぎる」「業界の構造を変えないとダメだ」などのコメントが相次いだ。

制作進行と呼ばれる現場の調整役
過労で鬱病になり、
通院した
退職後の22年10月に自殺。
なんというかアニメ制作会社が鬼畜なだけだろう。まぁ他の業種と人材の行き来がない分野なだけに偏屈な社会ができているんだろなとは感じる所。

厚生労働省発表の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」(平成24年度)によると、過労死は申請285件、認定123件、過労自殺は申請169件、認定93件。これを氷山の一角とする指摘もあり、「karoshi」は国際語となっている。

ブラック企業の代表を自民党に候補にしたり、税金上げたり、解雇特区作ろうとしたり、原発輸出しようとしたり、日本の政治家はロクナモノでない。ちっとはまともな仕事してほしいものですね。

過労は誰が悪いのか?


過労自体は、会社が悪い。
しかしながら劣悪な環境においても一切声を挙げない文化やスタッフ(労働者)が悪い面も存在する。
死んでから遺族が賠償を起こしていたりしたのでは遅い。
北朝鮮のような国ではなく民主主義の国で、過労で殺されるのは、いささか社会にも問題がある気がする。
法律だとか政治、労働法や各種機関の社会福祉的な側面でもわりと弱者を救い上げる仕組みがないのも問題な気がしてなら無い。
しかしまぁ中小企業の殆どがロクな会社でないことからも、如何なものか思えたりする。

I/51B7pOe0FVL. アマゾン jpg 

アニメーションの本―動く絵を描く基礎知識と作画の実際

アフィリエイトタグ https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>