アニメ絵に見る本気度

アニメ絵から見て取れる作品の本気度が非常に見分け方としては容易。

柄物

レースやチェック柄のものは省略されやすい。
原作がある絵でアニメ化で省略されやすい要素としては凝ったデザインもデフォルメされて削られやすい。
最も多いものとしてはチェック柄のプリーツスカートが、単色のプリーツスカートになっている事が殆ど。
格子模様やレースなども比較的簡略化されやすい。
単純に書くのが手間であり、1枚絵ではなく何千枚も書かないといけないことを考えると、労力に対して割りに合わないことは考えれば分かるが、それでも実際アニメ絵だとどうしても萎える事は多々ある。
たぶん3Dや、描画技術がこうじょうしても発展しない気がする。

キャラクター

アニメ化で、キャラクターデザイン担当者が、ある程度均一化させる事は作業の手間削減として理解できるが、ヒロインがどれも同じに見えたり、
他の作品でもキャラクターが同様に見えてしまうようなアニメは本当なえる。
昨今アニメの放映本数が多すぎるせいなのか、見れば見るほど萎えてくる。

作画崩壊

たまに何話で作画崩壊とかいわれたりするような作品まで見受けられる。キャラクターだったり背景だったりと崩壊するものは様々だがどちらにしても手抜きなままでも放映しちゃうのがこの産業の痛いところだろう。