フケ症の対策 洗髪2

フケ症改善の為の対策として、洗髪の際にブラシを使用するというものが挙げられます。
洗髪は爪を立てずできるだけ頭皮を刺激しないように、というのが原則なので、硬い櫛やブラシなどを使うのは厳禁なのですが、柔らかいブラシであれば問題はありません。そういった道具を使う事で、普通に手で洗うよりも皮脂をしっかり落とす事が可能となります。

スポンサード リンク

フケ症対策で使用するブラシ

まず使用するブラシですが、頭皮ブラシと呼ばれる商品がこの世の中にはあります。
頭皮をいたずらに刺激せず、優しく洗う事ができる道具です。
フケ症の方にとっては強い味方となるでしょう。名称は、頭皮ブラシであったり、頭皮洗浄ブラシであったりと様々です。

毛穴に詰まった皮脂を取り除く作業が一番重要

お勧めなのは、ブラシの毛が細いタイプの物です。毛が細い方が、毛穴に詰まった皮脂を取りやすいからです。
ブラシを使用する上で、この毛穴に詰まった皮脂を取り除く作業が一番重要なので、そこに威力を発揮するブラシが望ましいかと思います。
中には電動で動くブラシもあるようです。

ブラシを使っての洗髪

ブラシを購入したら、次はそのブラシを使っての洗髪です。まず、シャンプーをつける前に、お湯で髪をぬらしたすぐ後に頭皮をブラッシングしてみましょう。そしてその後、シャンプーをつけると、頭皮にシャンプーが馴染みやすくなります。シャンプーを手である程度髪を洗い、頭皮に馴染ませたあと、最も重要な毛穴の皮脂除去という事になります。

フケ症の元

毛穴に詰まった皮脂は、フケ症の元。これをいかにして取り除けるかで、フケ症の症状が変わってきます。
強くこするのではなく、同じ場所を数度掃くようにしてブラッシングしましょう。
その後、シャンプーをしっかり流し落とす事も忘れずに。

I/41xr8PPxeBL. アマゾン jpg 

柳屋 薬用ヘアトニック フケ・カユミ用240ml

アフィリエイトタグ https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>

フケ症の対策 洗髪3

フケ症対策として、最もインターネット上で見る事ができる方法と言えば、シャンプーの選択です。
シャンプーは、基本的には髪をしっかり洗えるように作られていますが、中には頭皮のケアを第一に考えたシャンプーがあります。
その中には、抜け毛予防のものもあれば、フケ症予防、フケ症対策のシャンプーも数多く存在しています。
つまり、このフケ症対策のシャンプーを使用するという事が、フケ症対策の一環として挙げられるのです。

洗髪にはフケ症対策のシャンプー

フケ症対策のシャンプーの第一条件は、頭皮を刺激しない、低刺激性のシャンプーである事が挙げられます。
では、刺激の強いシャンプーとはどういうものなのでしょう。
大体、一般的にはかゆみを抑えるタイプのものは、刺激が強いとされています。
また、しっとり感を作るシャンプーも、刺激が強いと言われています。
つまり、作用の強めなシャンプーは、あまりフケ症対策には向いていないという事ですね。

菌を抑える成分を含んだ専用シャンプー

フケ症対策を目的として作られたシャンプーであれば、このような刺激に対してそこまでナイーブになる必要がありません。
専用として作られている以上、マイナス面をあえて作るところはないでしょう。
加えて、フケ症対策用シャンプーには、菌を抑える成分を含んだものもあります。
殺菌成分として知られるピロクトンオラミン、オクトピロックス、ジンクピリチオン、イオウなどを含んだシャンプーが今ではかなり多く開発されているのです。

抗菌作用

また、抗菌作用として、ナイトレート、ミコナゾールといった成分を含んでいる物も見受けられます。
こういった成分を含んだシャンプーを選ぶようにしましょう。

≫楽天市場で価格をチェックするにはコチラから!

I/31s8ix7eO3L._SS160_.jpg” />

オクトセラピエ(serapie)薬用スキンケアコンディショナー

アフィリエイトタグ https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>

コメント

格安スマホ