ゴブリンシャークとは

%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22/4893087533/elo” target=”_blank”>I/41M5WNVUQ-L alt=”4893087533ゴブリンシャークとは深海に生息するサメのことです。
「笑っていいとも!」のトークで話題に出てきた鮫らしいです。

ミツクリザメ Mitsukurina owstoni (箕作鮫、英: Goblin shark)は、ネズミザメ目ミツクリザメ科に属するサメ。ミツクリザメ科はミツクリザメ属 Mitsukurina 1属で、本種のみを含む。希少種。日本の東京湾、駿河湾、相模湾などをはじめ、世界各地で散発的に報告されている。表層から水深1,300 m、あるいはそれ以上の深海に生息する。推定全長6m。ブレード状の長い吻(ふん)が特徴である。写真や図では顎が飛び出した状態のものが多いが、通常遊泳時は奥に引っ込んでいる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゴブリンシャーク
wikipediaによると、ゴブリンシャークは通称で正式にはミツクリザメというらしいですね。
推定全長6mとのことですが、深海に生息しているので普通に暮らしていたら見ることは出来ない生き物だと思います。

%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22/4887215347/elo” target=”_blank”>I/511W91RYJWL alt=”4887215347そもそもいたずら好きで邪悪な精霊ゴブリンの仲間たちですがあまり日本では、ロードス島戦記以降からなのか、あまり良いイメージもありません。
本来のゴブリンは良く知りませんが、日本では臭い+低身長+脂ぎったイメージのキャラクターだったりするのが現状です。

妖精絵画の巨匠フラウドが、ゴブリン界のしきたりや食べ物、武器等とともにユーモラスに描き出す。

  • 著者: ブライアン フラウド、テリー ジョーンズ、Brian Froud、undefined、Brian FroudのAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、Terry Jones、井辻 朱美
  • 出版社: 東洋書林 (2001/08)
  • 発行日:2001/08
  • %2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22/4887215347/elo” rel=”nofollow” target=”_blank”>いたずら妖精ゴブリンの仲間たち

    コメント

    広告楽天ウィジェット