原発への海水注入が「もったいない」と言ったらしい

福島の原発事故の後で、原発への海水注入が「もったいない」と東電側が発言していたらしい

海水注入「もったいない」=東電本社、廃炉恐れ―吉田所長は反論・福島原発事故

時事通信 8月8日(水)17時40分配信

 東京電力福島第1原発事故直後の昨年3月13日、危機的状況にあった2号機原子炉を冷却するため海水注入を準備していた同原発の吉田昌郎所長(当時)に対し、本社側が「材料が腐っちゃったりしてもったいない」などと指摘していたことが8日、東電が公開したテレビ会議の映像で分かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120808-00000101-jij-soci
材料が腐っちゃったりしてとか・・どんだけですか。と思うんですが。

「圧力容器などが海水の塩分で腐食し、廃炉になるのを恐れたとみられる。」と続くので・・・なんというか東電・・・
海水で壊れるのを恐れてとかではないので、本当沈静化したあとに又使う気でいたんかい!!と思うばかりだ。にしても東京電力はもう解体して既存電気会社の事業のありよう再構築しないとどうにもならない気がするんですが・・・。

コメント

広告楽天ウィジェット