グーグルグラスというアイテムが米国では販売されている。

グーグルグラスというアイテムが米国では販売されている。
日本では未発売だ。
これはGoogleの開発した眼にかけてインターネットと同期して色々なことが可能なアイテムなのですが、今後どうなるののかについて。

私はグーグルグラスを使わない

MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏に聞く
原 隆
>>バックナンバー2013年11月18日(月)

 ウエアラブル端末が徐々に世に出始めてきている。この動きをどう見ているか。

伊藤:韓国サムスンの腕時計型コンピューターや米グーグルの眼鏡型コンピューターといった、今出てきているウェアラブルコンピューターは1980年代、MITメディアラボで研究していた人たちが花を開かせたものだ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131115/255940/

ひとまず、現代のスマートフォンですら、小型なものから一転して液晶画面サイズの拡大化が行われてきている。
これはバッリーのもちが年々高くなっていることと液晶画面のニーズが大きいほうが利便性が高いことからだろう。
ただし、液晶が大きくなれば薄くとも運びにくさや手で持ち続けるには不便になってくる。
グーグルグラスでは、この点はどうかというと眼にかけないといけないという点ではスマートフォンよりも扱いに困るというのはあるだろう。
ただしスマートフォンも例えば飲みにいったさきでポチポチしている人や、街中で手に持って操作しながら歩いている人は場違いな事には気付いていない。
携帯電話が普及下のも1990年代からで、モバイル通信端末なんぞはそもそもここ20年の産物でしかない。
これが10年後どのように変わっているかということにかんしては、外見や使用方法だけで毛嫌いする上記記事の論理はただの老人の「最近のわかいもんは」的な価値観でしかないように思う。

今後

ただし頭に被ったりつけたりするという装置は面倒である。ヘッドセットなどもブルゥートゥースで相当外観はコンパクト化されたりしたことを考えると、今後この手のデータ通信端末や液晶モニターまでもAR化とコンパクト化して、徹底的に小さくする必要性が求められると感じる。
現状はCPUやメモリーなどもハードに依存している端末を、ネットワークが担うことさえ出来れば機器はそんなに大きくなくともスペックが高い処理でも出来るようになるのでは?と思えるからだ。
出力装置だけ手元にあれば、全て操作可能にさえなれば、ある程度これらの機器の問題は解消しそうなものだが、まだ技術がついていっていないのだろうかとすら思う。

Google Glass V2 グーグルグラス 新品 送料無料 ブラック


Google Glass V2 グーグルグラス
色はブラック(charcoal)、当方は一切のセットアップやアクティベーションサポート等はできませんのご了承ください。 
新品ですが、検査のため開封されています。 
送料はこちらで負担いたします。オリジナルのパッケージ丸ごとお送りします。内容は下記の通りです。
– Glass Explorer Edition- Black Shade- Mono Earbud- Pouch- Charger & Cable
入札制限について、評価が新規者、評価が3以下、評価のマイナス評価をお持ちの方は事前に質問欄で申告を願います。該当者の無申告入札は、入札の取り消しを行う場合があ…ヤフオク!で続きを読む

最新の状況をチェック→ヤフオク!へ