狼と香辛料 第03話 「狼と商才」をみた感想

%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22/4840233020/ayal” rel=”nofollow” target=”_blank”>I/51NGJS1A0ZL alt=”狼と香辛料 (電撃文庫) 狼と香辛料という文庫原作のアニメに関しては何故か何回か繰り返し見てしまう。特に思い入れがあるという分けでは無いのですが何か引っかかるものが残る。作品としては秀逸なものでは無い気がするのですが、色合いやキャラクター、世界観などで色々と感慨深いものがある。
メガネ金髪お河童頭(男)は、まだ出番後か。パッツイオという町にきて反対車線を通り過ぎていく行商人の荷台の、りんごに目を釘付けにしている賢狼ホロさんwww

お前顔を隠さなくていいのか?「主何が言いたい!」とかホロさん喧嘩腰です(笑
顔が近い近いと遮るかの用に手を出すロレンツさん・・・。1話2話のウブさ下加減が消え去っています。

語りだすホロさん「ホロは時折美しい娘の姿で村に現れる 年のころは常に10代の半ば流れるような髪の毛と狼の耳 それに先の白い尻尾を有し毛色は綺麗なこげ茶色その事を秘密にする代わりに村の翌年の麦を豊作にする事を約束する」と・・・・。
物思いにふけってるのかと思ったら
「まぁ大丈夫じゃろ」とかwww
しっぽがワタワタマントの中ではためいています。
というかロレンスさん話を逸らしてホロの注目を逃そうとしています(笑 ただし今後このような駆け引きは定番になりますw)
銀貨一杯の、りんごを買い込むホロ・・・・。
手を叩くホロとかw
リンゴ食いきっているようだが原作だと食い残していたような・・・?(巻数が違ったか?。

いやまぁ、狼と香辛料はそれなりに楽しいです。次回作が見たい唯一のアニメ。というかフルメタルパニックとかは原作20巻以上の原作文庫アニメって、全話アニメ化されることって見たこと無い気がするなぁ・・・古いものだとスレイヤーズとかは途中からアニメ独創な話だったりした着もしたし。オーフゥンとかは2期が全く完全オリジナルアニメという暴挙だったりしたので・・・。文庫原作アニメは地位が低いのだろうか?どちらにしても、アニメ化万歳で宣伝されて原作文庫が売れるというビジネス体系にすがっている昨今でライトノベルとアニメ制作会社の今のもちつもたれつつという仲では良いアニメ化作品は稀有なんだろうなぁとただ思うのでした。(最近の兆候はおっぱいか下着(パンチラ)アニメか、下ネタアニメか、という作品群だし・・・・。

狼と香辛料はリアルタイムで見ていたけど見直した感想
18禁ブログhttp://18kinn.com/anime/2762

コメント

広告楽天ウィジェット