原発の被害 空間線量率

原発の被害として放射性物質やら色々と問題に上がるが、ここでも解りにくいものがある。その一つが『空間線量』だ。

2014年5月25日でもこんな事情



福島原発事故と小児甲状腺がん―福島の小児甲状腺がんの原因は原発事故だ! ―

基準となる空間線量率について

3 除染等業務ガイドライン等に示されている0.23μSv/hについて
放射性物質汚染対処特措法に基づき、放射性物質による環境の汚
染の状況について重点的に調査測定をすることが必要な、空間線量
率が0.23μSv/h以上の地域が汚染状況重点調査地域に指定されまし
た。0.23μSv/hは、16時間の屋内(木造)、8時間の屋外活動の生
活パターンを想定した場合、年間追加被ばく線量を1mSvにするため
の指標となる空間線量率0.19μSv/hに、自然放射線(日本平均は0.
04μSv/h)を加えた数値であり、これを基準として除染等業務ガイ
ドライン等の対象範囲が定められています。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/routai/anzen/pdf/kijun.pdf

除染等業務ガイドラインで、『0.23μSv/h』ということらしい。
1μSv/hがどれだけ多いのかは解るだろう。

国営ひたち海浜公園の地理


東京都福島の中間あたりに位置する地域でコレだ。
オオサンショウウオを見て『カエルの幼虫が巨大化するとは放射能の影響が深刻』とツイート

コメント

広告楽天ウィジェット