トラフィックを買っているGoogle

2015年6月30日

トラフィックを買っているのはGoogle?
GoogleはGoogleを知ってもらうために、トラフィックを購入していることをご存知だろうか?
トラフィックというのはインターネットのアクセスしてきてもらうことである。最大のもので2002年5月のaolとの提携だったそうだ。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


当時AOLはアメリカ最大のプロパイダといわれており、利用者数は3000万人代もいたそうだ。欧州には数百万人 日本には数十万人と抱えており、世界で認知されているプロパイダであった。GOOGLEはaolに無償で検索エンジンの提供を開始したそうだ。
これまでの検索エンジンでは、検索エンジンの利用のたびにプロパイダが検索エンジンを提供しているサービスに対してお金を払っていたモデルにたいして、GOOGLEは、逆に検索してもらった回数に応じてプロパイダにお金を支払うビジネスモデルを展開した。
これは今まで使用量を払っていたプロパイダからしたら喜びたくなる話である。

このことは今でこそあたりまえな話だがGOOGLE検索を使うとGoogleの広告が表示される。
この為1検索数円の報酬をプロパイダに支払ったとしても、百円程度の利益がgoogleに入るのであれば、まったく利益がGoogleに入るわけだ。
プロパイダ意外にも、FIREFOXやスレイプニルといったブラウザソフトの検索窓にも同様の広告システムを用いている。この利益が各種ブラウザの開発費となって担保されているのでまさにもちつもたれつなわけだ。

インターネット

インターネットブラウザ比較

ブラウザの比較
http://nufufu.com/internet-browser/

色んなインターネットのブラウザソフトが存在しますが、どのソフトが快適なのか?動画の読み込み速度は?ショートカットはどう使えば良いのか?プラグインはどいうものがあるのか? ブックマークバーが見えなくなった時等の対処方法 一覧です。