レーシックに変わる、近視矯正手術ICLとは

2017年1月13日

レーシックに変わる、近視矯正手術ICLとは2013年12月4日に消費者庁がレーシック手術に関する注意喚起を行ったということでレーシックのトラブルや障害事例は多い様子。ここにきて、レーシックに変わる、近視矯正手術としてICLとという手法が注目されているらしいのだが

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

「レーシック」に代わる近視矯正手術として注目が高まる「ICL」

2013年12月20日11時00分

 「レーシック」に代わる近視矯正手術として、「ICL(眼内コンタクト)」が注目されている。2013年12月4日に消費者庁が、レーシック手術に関する注意喚起を行って、「レーシック」によるハロー(光の輪が見える)、グレア(光の散乱によるまぶしさ)、ドライアイなどの術後合併症がクローズアップされているが、「ICL」では、これらの症状を避けられるという。屈折矯正手術に詳しい眼科専門医、神戸神奈川アイクリニックの診療部長、北澤世志博医師に、「レーシック」と「ICL」の違いなど、最新の近視矯正手術について聞いた。http://news.livedoor.com/article/detail/8367481/

ソース元がサーチナという点で信用は0だ。
ただこの眼科医もサーチナの取材に答えているというのもどうかと思う。
一応こういう手法が今後どうなるのかだけは注視したいところという程度だろうか。
しかしいささか、中国メディアの言う事は信用ならない。