twitter ツイッターで大学生がする事件が

%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22/4844330063/ayal” rel=”nofollow” target=”_blank”>I/510bJp8aisL alt=”できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100 [できる100ワザ ツイッター 改訂新版] twitter ツイッターで大学生がする事件が、なんというかあきれるものばかりである。

ツイッター上の不適切な書き込みを発端にしたトラブルが相次ぐなか、慶應義塾大学の学生が、ツイートが原因で無期停学の処分を受けた。

2012年09月07日16時20分 提供:J-CASTニュース

大学側は、具体的にどのような書き込みが処分の対象になったかについて明らかにしていないが、2012年6月下旬にはツイッター上で「慶應に爆弾を仕掛けました」といった犯行予告が行われており、ネット上では波紋が広がっていた。
「不適切な書き込みを行った。これは断じて許されない恥ずべき行為」

処分は、9月1日付でキャンパス内に経済学部長と、同学部生が1~2年生に在籍する日吉キャンパス(横浜市港北区)主任の名前で「告示」と題して張り出された文書で明らかになった。文書の内容は

「このたび経済学部1年生が、ツイッター上に不適切な書き込みを行った。これは断じて許されない恥ずべき行為であり、厳正なる処分で臨むべき事と考える。よって、経済学部会議の決定に基づき、当該学生を学則第188条により処分(2012年8月13日から無期停学処分)を行った。塾生諸君も事の重大さを認識し、厳に自らの行動を律するように要望する」

というもの。学生の処分を発表する文書に「ツイッター」という固有名詞が登場するのはきわめて異例だ。処分の根拠とされる「学則第188条」は、

「この学則若しくはこれに基づいて定められた学内諸規則に違反し、または学業を怠り、気品を害ね、その他学生としての本分にもとる行為のあったものについては、懲戒として情状により譴責、減点、停学または退学の処分をする」

というもので、学則に定められた中では2番目に重い処分だということが分かる。過去に慶應大で学生に対して無期停学の処分が下された例としては、知人に暴力をふるって逮捕されたケース(後に示談が成立、起訴猶予処分)などがある。
「慶應に爆弾を仕掛けました。明日慶應行ったら死にます」

慶應義塾広報室では、

「今回の告示及び処分については、お答えいたしかねます」

といい、処分の原因になった「不適切な書き込み」の内容については明らかにしなかった。

だが、処分が決まる1か月半ほど前の6月25日深夜には、

http://news.livedoor.com/article/detail/6930467/
「慶應に爆弾を仕掛けました」といった犯行予告というのは、さすがに動機も不明でいまいちピンとこない発想の事件なんですが・・。一帯犯人が何を思ってこんな事をしたのかとしか言い様が無い。
日本だとアメリカとかと違い平和ボケしすぎてしまってこういう事を起こすのだろうか?
慶應義塾大学に入る学生の脳みそとか発想能力ってこの程度幼稚なのかとすら思えてしまうわけですが・・・、まだ小学生とかだったのなら理解できるのかもしれない。ただコレを起こした犯人は大学生だし、間違いなく18歳以上の年齢だろう?
いくらなんでも現実と非現実的な行動の区別が付かない幼稚な学生が増えているんだろうか?とすら思えるのでした。



ツイッターで「他者の名誉傷つけた」 早大政経学部生が停学処分2011/12/16 17:13
http://www.j-cast.com/2011/12/16116701.html

コメント

  1. Nevaeh より:

    Heck of a job there, it ablolutesy helps me out.

広告楽天ウィジェット