仲井真沖縄知事の日本語が変というか逆ギレしているような質疑応答。

2016年1月28日

仲井真沖縄知事仲井真沖縄知事の日本語が変というか逆ギレしているような質疑応答なわけで、貴社の質問も悪いとは思うが、県知事の日本語も言い分もオカシナことが多すぎる。老人の政治活動にそろそろ制限書けたほうが良いと思うのだが、ボケかけている年代の人間を要職につかせる日本の政治は狂っているようにしか見えない。他の先進国見てもここまで高齢な政治家揃いの国は無いと思うのだが。。。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

仲井真沖縄知事、辺野古埋め立て承認で会見(質疑応答)

  • 街中の基地の移転を早く という趣旨。
  • 普天間の運用停止 5年以内
  • 県外に移転させる事が優先
  • 辺野古埋め立てを承認したことで県外にどうやって移転させるつもりか
    →辺野古の埋め立て基地建設は難しい 9.5年掛かると国は見ている。
    イノワンに基地があるより外に移設すべきだというのが知事の思い。5年以内に移設させたいが優先 とのこと。
  • 知事「辺野古に移すよりも県外に移した方が早い」といっている
  • 「県内に埋め立て申請があって申請を認めたということ」
  • 10分くらいからの仲井真沖縄知事の態度が悪すぎる。

  • 「辺野古を埋め立てるということでは無いのか?県内移転を承認したのは 元の県外移設と異なるのではないのか?」→「ちゃんと質問してください」
  • 土木部担当者曰く「承認自体は国の法律に則った承認。」だと主張
  • 一方的に記者団の質問打ち切ろうとする
  • 知事「手続きに則って承認しただけ必要で承認した」とのこと。
  • 「埋め立て処理法に寄る承認」
  • 今回の移転承認で、普天間の運行停止に5年以内でもっていくとのこと。

    沖縄は真冬でも10度以下に下がらない気候なので住みやすいのですが、
    沖縄移住について考えてみる。