ミドリガメ(正式名称:ミシシッピアカミミガメ)が最近問題視されている

Trachemys scripta
ミドリガメ或いはアカミミガメと呼ばれている、(正式名称:ミシシッピアカミミガメ 原産地アメリカ)の存在が、最近問題視されているらしいが生態系を壊しているというものだ。
どちらにしてもミドリガメは縁日などでも販売されていたりするしペットショップでも多く販売されていたり、色々と見る機会は多く、今更な感じもするが、何故ここで急に問題にされる亀が増えたのかが気になる所。

問題点

  • 人気のミドリガメ 日本の生態系脅し「輸入規制」報道も
    THE PAGE 2月2日(日)16時0分配信
    人気のミドリガメ 日本の生態系脅し「輸入規制」報道も(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
    ペットショップやお祭りの屋台で販売されているミドリガメ。美しい緑の甲羅が目を引き - Yahoo!ニュース(THE PAGE)
  • 甲羅の長さで全長が約30センチメートルになるということ。
    性格も荒く、人の指に噛み付くようになるとのこと。
    レンコンのハスの芽を食べてしまうとのこと。
    日本の在来種のニホンイシガメが2012年に準絶滅危惧種に指定されるほど他の亀が増えている。

    日本国内では数十万匹も飼われていると見られ禁止するのは困難だろうとのこと。
    問題なのは、自然に放たれることが問題なので増やさないことも当然出し自然に捨てないことも重要だろう。
    後は輸入や、販売も禁止すべきだとは思う。既存のミドリガメ或いはアカミミガメがこれ以上増えるリスクを絶たないとリスクだけは積み重なっていく気がしてなら無い。

    ミドリガメ・アカミミガメはなんというかアメリカザリガニと似ている気がしてなら無い。
    後は長引く不況でカメのえさ代すらバカになら無いために、手放す人も居るのでは無いだろうかとすら思ってしまう。
    亀は長生きだが、人が、さすがに数十年亀飼い続けるには経済力や体力的にも困難きたしそうなので怖い部分ではある。

    コメント

    広告楽天ウィジェット