夜の仕事水商売など

夜の仕事はヤクザ家業です。最近ではガールズバーなどという名称で、10代の女性が働いていたりと、本当脳内がゆとりすぎる世の中ですが・・・。
ただ一ついえることは、関わらないほうが自身の為だ。
キャバクラ、バー、他etcあの手の業種の経営者は、法律を尊守するという価値観は無い。
労働法なんてものはそんなものがあることすらしらないかのような横暴っぷりである。

【高時給】Yahoo!JAPANが提供!安心安全な夜のバイト情報【体入・短期】
キャバクラ・ガールズバー専門の求人サイト『体験!ガールズバイト』OPEN!
体験入店、短期バイト情報が多数。未経験、副業でも安心の無料ヘアメイクやドレスレンタルあり。
大手企業の審査で掲載内容も安心の高額アルバイト情報




★キャバクラ・ガールズバー専門求人サイト【体験ガールズバイト】

一般的に問題になりやすいのは、女性の賃金問題である。
そもそも深夜にかかる営業時間でも、深夜割増賃金が発生することはやつらの頭の中には無い。
22時以降は、日本国内の労働では、2割5分増し以上の賃金にならないといけない決まりなのに、何故かやつらは、支払わない。
罰金なども法律の規定を超える金額ということで問題に上がってニュース記事などで見る事もあるが、それを承知で働く人がいるのだからどっちもどっちだと思う。

客引きは違法であるし逮捕される事もある。
現行犯なら即逮捕だ。それでもあいつらは違法である事は認識しているのにもかかわらず、店員に強制させる。大抵募集の広告内容はキッチンとか皿洗い、ビラ配りという名目なのにだ。
当然客引きで逮捕されようがやつらにとっては直接ダメージは無いので、痛くもかゆくも無い。
逮捕された店員が辞めたら辞めたで新しい店員を探すだけなのだから。

あと中にはヤクザ崩れもどきの店員もおり、店員に難癖つけて暴力を振るったり、辞めたら自宅まで追いかけにいくからなという脅しを平気でするキチガイも居たりするので、夜の仕事は違法者がのさばっている世界である。
正直関わるのは人生において損である。

それでも夜の店を利用する人がいたり、働く人が居る事には疑問を抱いてしまう。人生の底辺でいいというのであればかまわないが普通の暮らしを送りたいのであれば関わるべきではないジャンルなのでした。

 ◇キャバクラ派遣はじめるなら『TRY18 』◇  



登録・参加費一切無料!全額日払い・完全自由出勤 ・ 厚労省認可。
面倒な営業一切なし、ノルマなし、連絡先の交換なし。の安心派遣。

矢野安奈がオフィシャルモデル(JELLYの表紙モデル)のTRY18。
ウェブ登録可能な今話題のサイトです!
☆登録者数No,1 
☆契約店数No,1
同性愛選手のカミングアウトが激増しているオリンピック

  • メーカー: 難波 義行
  • 出版社: こう書房 (2004/10)
  • 発行日:2004/10
  • 売れっ娘ホステスの育て方―「水商売」の成功マニュアル!

    コメント

    広告楽天ウィジェット