美容院のシャンプーの本音

シャンプー
美容院でシャンプーをしてもらうと、必ず聞かれる「おかゆいところはございませんか」のフレーズ。

毎度思うのですけど、そんなに皆さん、何かしら痒いのでしょう?仮に、かゆくても、「かゆい」って、なんとなく言いにくいし。実際に、聞くことに何か意味はあるのか?
そんな疑問を美容師さんにぶつけると、「若い人はほとんど言いませんけど、50代以上の女の人はかなりの割合で『かゆい』って言いますよ」と意外な答えが返ってきた。
ところで、「かゆい」と言ったら、どこまで何をしてくれるのかと聞くと「当然、かゆい部分を洗い直します。
頭以外?ふざけて『背中』とか言う女の子もたまにいますけど、『頭』について聞いてるのが大前提ですよ!」だそうです。

そんな美容院のシャンプーに関する話題を集めてみました。

スポンサード リンク

アジエンスシャンプー

商品説明:もろくなった現代人の髪に合わせて、東洋に伝わる天然美容成分の大豆、真珠プロテイン、米、朝鮮人参エキス、あん葉(ユーカリ)エキスを配合。髪の内部に働きかけて、結っても跡がつかないくらい、芯からしなやかな髪を目指します。

成分:水、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、ジメチコン、ラウレス-16、ジステアリン酸グリコール、コカミドMEA、ミルスチルアルコール、 PPG-7、ラウラミドプロピルベタイン、リンゴ酸、ユーカリエキス、ダイズエキス、オタネニンジンエキス、コメ胚芽油、加水分解コンキオリン、塩化 Na、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ラウレス-4、ラウレス-25、EDTA-3Na、EDTA-2Na、BHT、安息香酸Na、 BG、エタノール、水酸化Na、カラメル、香料

このシャンプーの成分分析:おなじみアジエンスシャンプーですが、主洗浄剤がラウレス~とラウリル~ですので、極めて洗浄力の強い、ダメージ毛や皮膚の弱い人が使ってはいけないシャンプーです。大豆エキスや、植物性成分によって洗っているときは若干潤った感じがしますが、基本的に洗浄力が強すぎるので髪や頭皮には悪影響が予想されます。長く使っていると、毛根を痛めて毛が細くなる、カラーがすぐ落ちるなどが考えられます。
いち髪

「いち髪シャンプー」は、古来より受け継がれてきた伝統の成分、ヒオウギ、米のとぎ汁より抽出したユスルエッセンス、ツバキエキス、ムクロジなどの純和草エキスを配合したシャンプーです。補修・保湿としてダメージによって失われた髪の弾力、瑞々しさを高め、髪につやを与え、しとやかな状態に導きます。天然洗浄成分によるキメ細かい泡で、ダメージの原因であるシャンプー時の摩擦を防ぎながら髪の1本1本まで優しく洗い上げます。櫛通りをよくし、ブラッシングなどによるダメージを予防、結ったりひっぱったりすることによるダメージも防ぐよう促します。奥ゆかしくほのかに香る山桜の香り。枝毛・切れ毛ケア用として。

全成分:水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ラウレス硫酸TEA、コメヌカエキス、ヒオウギエキス、ツバキエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、BG、ポリクオタニウム-7、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

このシャンプーの成分分析
やさしい洗浄力主体でしっとり成分が多いシャンプーです。皮膚刺激も弱く、カラーやダメージ毛の人にも比較的安心して使えそう。市販の中では優秀な方か。

TSUBAKI(ツバキ) シャンプー

「TSUBAKIツバキシャンプー」は、天然の椿油を丹念に精製して不純物を取り除いた、純度の高い椿油を使用した、ダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用椿油シャンプーです。しなやかな弾力があり、動くたびに美しさが際立つツヤ髪へと導きます。髪の表層・深層まで成分が届き、傷んだ髪も毛先までしっとりまとまります。あでやかな色香漂う、椿蜜花(ツバキミツカ)の香り。

全成分:水、ラウレス硫酸Na、ココイルメチルタウリン、タウリンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、DPG、コカミドMEA、ソルビトール、塩化Na、ヒドロキシエチルウレア、ポリクオタニウム-7、トウツバキ種子油、ポリクオタニウム-61、ジメチコン、クエン酸、ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、EDTA- 2Na、ラウロイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸K、グリセリン、BG、ココイルアルギニンエチルPCA、フェノキシエタノール、安息香酸 Na、香料、黄4、黄5

このシャンプーの成分分析:とても多くの界面活性剤が配合されています。一番多いのはやはりラウレス硫酸Naで、強い洗浄力と脱脂力があり、カラー毛やダメージ毛の方には向いていない成分です。その他に、比較的安心感のある成分がたくさん混ざっているようです。保湿成分もたくさん入っているので、洗い心地はよいほうだと思います。ただ、やはり正体は硫酸系シャンプー(安価にするためか)なので、本物の植物性洗浄剤シャンプーには遠く及びません。

サムライウーマンシャンプー

「サムライウーマンシャンプー」は、植物性洗浄成分とアミノ酸系洗浄成分で髪と地肌をいたわりながら優しく洗い上げます。シルクプロテインがしなやかでうるおいのある髪に整えます。また、ヒートプロテイン配合により傷んだ髪を保護します。ゆずとホワイトピーチの香りがやさしく広がります。

全成分:水、ラウレス硫酸Na、パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、安息香酸Na、ソルビン酸、ラウロイル加水分解シルクNa、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、クエン酸、加水分解シルク、ジメチコン、TEA、ラウリル硫酸、塩酸、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、香料

このシャンプーの成分分析
確かに植物性洗浄成分やアミノ酸系成分も入ってますが、その前に非常に強い洗浄成分ラウレス硫酸が使われ、ラウリルも少し添加されていることから、カラー毛や皮膚の弱い方にはオススメできないシャンプーです。若干他の悪いシャンプーよりマイルドですが、カラーリングや髪のダメージを防ぎたいのであれば使わないほうがよいです。

シーブリーズ シャンプー

「シーブリーズ シャンプー」は、l-メントールを配合した、スキャルプケアシャンプーです。爽快な洗い心地で髪や地肌の汚れをしっかり落とし、指通りも軽いサラサラな髪に洗い上げます。洗髪後も爽やかなクール感が続きます。フレッシュなシーサイドアクアの香り。

全成分:水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、コカミドMEA、イソベンチルジオール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、メントール、グルタミン酸、アルギニン、加水分解コムギタンパク、カンフル、加水分解コムギデンプン、DPG、グリセリン、ステアリルアルコール、EDTA-2Na、PPG-70グリセリル、クエン酸、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

このシャンプーの成分分析
洗浄成分は洗浄力・刺激が強い成分です。他の成分は比較的カラー毛やダメージ毛に有効な成分が含まれています。あと、シーブリーズお得意のメントールでクールな洗いあがりです。脂性の男性にはおすすめです。

ピュア ナチュラル シャンプー

「ピュア ナチュラル シャンプーL」は、髪と地肌へのやさしさにこだわり、自然成分をいかして作られたシャンプーです。
植物由来のアミノ酸系洗浄成分が髪と頭皮をやさしく洗い上げます。植物性アミノ酸保水成分であるベタインと、ローマカミツレ・マロニエなどのハーブエキスが髪と頭皮のうるおいを保ちます。合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、鉱物油一切不使用です。天然ハーブアロマであるラベンダー・ローズマリーの自然な香り。
本品は、ヒマワリ・ホホバ・オリーブスクワランなどの植物オイルが、髪になめらかさとつややかさを与える、サラサラタイプです。本品は、髪と地肌に刺激を与えず、やさしく洗いたい方におすすめです。刺激性テスト済み(全ての方に刺激が起こらないというわけではありません。弱酸性。

全成分:水、ココイルグルタミン酸K、コカミドDEA、ラウリルベタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ベタイン、ヒマワリ油、ホホバエステル、スクワラン、ローマカミツレエキス、マロニエエキス、セージエキス、ポリクオタニウム-10、塩化Na、炭酸水素Na、クエン酸、ローズマリー油、ラベンダー油、BG、PG、フェノキシエタノール

このシャンプーの成分分析
市販シャンプーの中ではトップクラスの優秀なシャンプーです。
ダメージ毛やカラー毛も優しく包み込む植物性洗浄成分。適度な洗浄力もあり、あらゆる方にとてもおすすめしたい優秀なシャンプーです。毒性のある添加物を一切しようしない無添加シャンプーで、安心感もトップクラスです。

ナイーブ シャンプーしっとり 桃の葉

「ナイーブ シャンプーしっとり 桃の葉」は、桃の葉エキスを配合した、しっとりタイプの自然派ヘアケアシャンプーです。グリコシルトレハロースを配合。クリーミィーかつ豊かな泡立ちで、子供のからまりやすい髪もやさしくいたわりながら洗います。自然でやさしい桃の香り。

全成分:水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、コカミドプロピルベタイン、PEG-7グリセリルココエート、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ジメチコン、ポリクオタニウム-10、塩化ナトリウム、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸ナトリウム、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、エタノール、モモ葉エキス、ラウリル硫酸塩、エデト酸塩、安息香酸塩、香料

このシャンプーの成分分析
お勧め度の低いシャンプーです。安価な硫酸系成分を主としており、洗剤で頭を洗うような脱脂力があります。それをごまかす保湿成分が配合されていますが、カラー毛やダメージ毛の方にはぜひ避けていただきたいシャンプーです。

コメント

格安スマホ