中国

中国(シナ)にまつわる日本との出来事。

中国は食品が危険。2008年初め頃の中国産毒入り餃子事件
暴徒と化する国民 2012年9月の日本企業襲撃

とここ最近でも日本に対して大量に牙を剥いている。

韓国が竹島を不法占拠していることと照らし合わせても中国が韓国の大親分なんだろうなということは、北朝鮮が中国の属国なところを見ていると容易に妄想を書き立てられてしまう。
www.amazon.co.jp%2Fexec/obidos/ASIN/428611063X/images/I/51RAhDep8YL._SL500_.jpg” alt=”政治評論家・福沢諭吉 その朝鮮評論 ” align=”right” border=”0″ />
韓国にはまだアメリカ軍が駐在しているから良いものの、韓国からアメリカ軍がいなくなると、朝鮮人と中国人が日本に侵攻してくる可能性歯はグンとあがるだろう。
実際に竹島と尖閣諸島に関しては中国と竹島と台湾の脅威にさらされているうえに北朝鮮はミサイル開発に原発実験を2013年度に入ってからやらかしたことは地震的な揺れで確認されているので
この特定アジアの朝鮮(韓国と北朝鮮)と中国という国だけは、決して油断してはいけない国家だと思う。

脱亜論

『脱亜論』(だつあろん)は、新聞『時事新報』紙上に1885年(明治18年)3月16日に掲載された無署名の社説である。福澤諭吉が執筆したとされているが、原文は無署名の社説である。1933年(昭和8年)に石河幹明編『続福澤全集』第2巻(岩波書店)に収録された[1]ため、福澤が執筆した社説と考えられるようになった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96
脱亜論では、中国と朝鮮とは関わるなといったことはこういうことか

むしろ、西洋列強の野望渦巻く苛烈な国際情勢下で、ひとり先に文明開化した日本が独立をまっとうせんがためには致し方なく中国、朝鮮と袂を分かたなければいけない……それが脱亜という選択肢である」と語らせている[25]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96#cite_note-25

中国人の暴力性

中国人の暴力性は大陸度人といわれる程度に折り紙つきだ。
よく日本鬼子とかばかにしていますが、鏡見ろと言いたいものですね。