名古屋旅行-大須観音

2015年7月21日

名古屋市中区大須2-21-47 地下鉄鶴舞線「大須観音駅」2番出口から徒歩3分。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


「大須の観音さん」の名で知られる日本三大観音の1つ。正式な寺号は北野山真福寺宝生院ほうしょういん。
元々は鎌倉幕府の時代に創建されたとされています。最初は1333年創設で、大きな川の洲にあることから、大須観音と名づけられたそうです。

当時は大須郷(現在の岐阜県羽島市大須)に在ったそうです。
福は内福は内で鬼は外とは言わないんだとか。色々な内容が乗っている動画でした。
慶長17年1612年に現在の地に移されたとの事。
本道は戦災で焼失。昭和45年に再建されたようです。寺内の大須文庫には、国宝「古事記」の写本を蔵するとのことです。興味がある人は立ち寄ってはいかがでしょうか?

周辺は古くから盛り場として栄えて、芝居小屋や食べ物屋が軒を連ねたそうです。戦後は一度は寂れたものの、現代ではパソコンショップや若者向けの古着屋が増え活気があります。 幅広い年代層で楽しめる場所でもあると思います。