観光スポット

観光スポットと一概に言っても、いろいろな観光スポットがあると思いますが、たとえばどんな観光スポットが人気なのでしょうか。自分が実際にどこかへ旅行をする際には観光スポットへ行きたいと思う人もいれば観光スポットは避けて穴場の観光スポットへ行きたいと思っている人もいるでしょうね。


日本珍スポット100景

  • 著者:五十嵐麻理、undefined、五十嵐麻理のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら
  •  

  • 販売元: ぴあ
  •  

  • 発売日:2008/3/31
  •  

  • ASINコー:4835616960
  • 日本珍スポット100景

  • 内容紹介
  • 150万アクセス突破の人気ブログがついに書籍化!
    観光ガイドには載っていないディープでミステリアスな珍スポットを、珍スポットハンター 五十嵐麻理が体験レポート!開設2年で160万アクセスを突破した人気ブログ「日本珍スポット100景」より、建物、寺社仏閣、自然景観、お祭り、お墓など、選りすぐりの面白スポットを厳選紹介した待望の書籍化です。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • あっという間に170万アクセス突破!人気ブログ待望の書籍化!どこにも載っていない(かもしれない)“珍”スポット満載。

  • 出版社からのコメント
  • ブログ『日本珍スポット100景』の中から厳選した珍スポットを一冊にまとめました。いずれも著者・麻理さん自ら取材・撮影したもので、決してフツーの観光ガイドブックではお目にかかれなさそうなスポットばかり満載です。ステレオタイプの旅行では満足できないアナタへ捧げる、珠玉の一冊です。

  • 著者略歴
  • (「BOOK著者紹介情報」より)
    五十嵐 麻理
    2006年1月ブログ「日本珍スポット100景」開設。日本全国を旅しながらネット、ラジオ、テレビ出演などを通して珍スポットの魅力を伝える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


    たとえば東京の観光スポットといってもいろいろな観光スポットがあるわけですが、観光スポットを探すときには一緒に行く人がどんな人なのかによっても変わってくると思います。
    たとえば観光スポットへ行く相手が恋人とだったらロマンティックな観光スポットになると思いますし、一緒に行く相手が、家族とだったら、子どもがいても楽しめるような観光スポットを選ぶのではないでしょうか。
     
    観光スポットはこのように、一緒に行く相手によっても多少違ってくると思いますがやはり人気の観光スポットというのはだいたい定番化してくるかもしれませんね。東京の観光スポットといえば、やはり東京ディズニーリゾートとか、東京のお台場などがいまは観光スポットとして人気でしょうか。
    他にも、東京の観光スポットとしては、昔から浅草や上野動物園なども有名ですよね。
    観光スポットを調べてから旅行へ出かけると楽しいところへ行くことができますからいいかもしれませんね。

    ニッポン地下観光ガイド

  • 著者:小島 健一、undefined、小島 健一のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、栗原 亨、小林哲朗、津村 匠
  •  

  • 販売元: アスペクト
  •  

  • 発売日:2008/1/26
  •  

  • ASINコー:4757214251
  • ニッポン地下観光ガイド
    潜って、歩いて、楽しめる!
    全国の地下施設&空間25カ所をアクセスマップ付きで紹介
    僕たちの足元に広がる地下世界を旅してみよう。
    ちょっと変わった場所が好きな人のための異界体験ガイド。

  • 著者からのコメント
  • 私が地下施設の見学にのめり込むようになったのは、2003年11月に、「日比谷共同溝」の見学会に参加してからだ。ヘルメットと軍手を装着し、狭い螺旋階段を下り、薄暗い地下世界に降りること40メートル。そこで待ち受けていたのは—-これから1.5キロメートルにも及ぶ地下トンネルを掘ろうとしている、重さ450トンの巨大シールドマシンだった。普段何気なく歩いている道路の下に、こんなに大きな機械があるとは想像していなかった。「地下」というブラックボックスを覗いてみたら、その中に鋼鉄の化物が潜んでいたのだ。まるで異世界に迷い込んだようで目まいがした。
    私はその時の興奮が忘れられず、コミュニティサイト「社会科見学に行こう!」を発足。日比谷共同溝のような都市のインフラをはじめ、洞窟や戦跡、研究施設、産業遺産など、数多くの地下施設を見学してきた。広さ、温度、湿度、匂い、それぞれ特徴は違う。しかし、どこも地上からは伺い知ることのできない驚きがあった。
    本書は、全国に点在する計25カ所の地下施設(空間)を5つのジャンルに分けて紹介した本邦初の「地下観光ガイドブック」である。少しでも興味のある場所があったら、ぜひ自分の足で訪ねてみてほしい。本書に掲載した写真や文章だけで満足するのではなく、あなたの五感をフルに使ってその異世界を感じとってほしいからだ。ようこそ、地下観光の世界へ。

    コメント

    格安スマホ