名古屋の徳川園・徳川美術館

2015年7月21日

名古屋市東区徳川町1001(徳川園) 名古屋市東区徳川町1017(徳川美術館) JR中央本線、「大曽根」駅下車南出口より徒歩10分で行くことが可能です。
Photo by (c)Tomo.Yun
徳川御三家筆頭である、尾張藩二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの造営による隠居所である大曽根屋敷が起源だそうです。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


「大名道具」等を1万数千件も収めている美術館です。

広大な敷地には、池泉回遊式の日本庭園、歴史的建造物のほかにレストラン、ショップもあります。
武具や刀剣も展示されていたり戦国武将が使用していたとされる湯具も常設展示。
武家社会において発展して育まれた能文化の美術品等も展示されているとのこと。
昭和10年築の由緒ある建物の徳川美術館には尾張徳川家の大名道具を収蔵展示しています。この事は海外でも評価が高いようです。世界的にも有名な「源氏物語絵巻」を始めとした国宝9件も収蔵。常設展と企画展がある。季節に応じた展示も行っているようです。

  • 開館時間は10:00~17:00
  • 観覧料が

  • 一般 1200円(常設展のみの開催期間中は1000円)
  • 高大学生 700円
  • 小中学生 500円
  • 歴史が好きな方などには外せない観光地といった感じでしょうか。