変圧器の選び方と使用時の注意

2015年4月8日

日本の電気製品を海外で使う為には変圧器と電源プラグ変換アダプターが必要です。変圧のタイプは、電圧110V~130Vの海外エリア(アメリカ・カナダ・ブラジル・台湾等)と電圧220V-240Vのエリア(ヨーロッパの大部分・インド・タイ・韓国・香港・オーストラリアなど)の大きく分けて2種類がある。日本の電圧は100Vだから、日本の電気製品を220V-240Vのエリアで使う場合には、必ず変圧器が必要となります。

カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240W/100W TI-100

  • 著者:カシムラ
  • 販売元:
  • 発売日:
  • ASINコー:B000WMIPF8
  • カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240W/100W TI-100

    スポンサード リンク


    《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


    変圧器を使わずに日本の電気製品を使用すると、故障や火災、爆発等の危険性があるので気をつけてください。電気製品によって消費電力も異なるため容量の小さい変圧器だと使える製品が限定されます。どんな電気製品に使用するのかを十分考慮したうえで状況に合った変圧器を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

    変圧器使用時の注意

  • 変圧器使用の際は電気製品の消費電力 Wを、確かめた上で必ず各変圧器本体の定格容量内で使用することに気をつけてください。
  • 万一本体から煙がでて、変な匂いや音がする等の状態のまま継続使用すると、火災、感電の恐れがあるので、速やかに電源プラグをコンセントから外して下さい。
  • 強い衝撃を与えたり、落としたりしないでください。
  • お使いになる国によって電源コンセントの形状が異なっています。この変圧器のプラグ形状(Aタイプ・日本タイプ)と異なるコンセントの国でご使用の場合は、その国の形状にあった変換プラグをご利用ください。
  • 分解や改造をしないでください。
  • ホテルの洗面所にあるコンセントは通常電気カミソリ(20W程度)専用が多いので、ご注意ください。
  • 連続使用の場合(30分程度)は、定格容量の80%を超えないでお使いください。
  • 変圧器本体が加熱し、内部の温度が異常に上昇した場合は、自動的にトランス内部の保護装置が働き、出力電圧が出なくなります。その場合は電源プラグを壁のコンセントからはずしていただければ、約30分ほどで元の状態に戻ります。
  • 商品の仕様

    カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240W/100W TI-100

    カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240W/100W TI-100
    アメリカ・ヨーロッパ各地・韓国など広い地域で使える変圧器
    使用時に本体が加熱し内部の温度が異常に上昇した場合、変圧器側の保護回路が働き、自動的に回路が遮断される安心機能付き。
    出力電圧はAC100V、電源電圧が110V-130Vもしくは220V-240Vの国で使用可能。本体プラグはAタイプ。
    定格容量:130V地域で使用時 240W max、240V地域で使用時 100W max。入力電圧:AC110V-130V/AC220V-240V(50/60Hz)。
    本製品にプラグはついておりません。日本と同じタイプ(Aタイプ)以外の国や地域で使用する場合は渡航先にあった変換プラグが必要。

  • 製品概要・仕様
  • メーカー型番:TI-100
    サイズ : 10.8×6.2×6.2cm
    本体重量 : 760g
    本体材質 : 耐熱ABS樹脂
    入力電圧 : AC110V~130V/AC220V~240V