旅行会社の種類による違い

2015年4月8日

旅行会社によって様々な種類があることをご存知でしょうか?

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


現在、1万社以上の旅行会社があるといわれているが、それらがすべて同じ業務を行っているわけではないということを理解して起きましょう。

旅行会社と業務は、業務範囲によって下記の4つに分類されます。

  • ・第1種旅行業
  • 海外旅行、国内旅行の主催、手配および他社主催旅行の代行販売が行える。

  • ・第2種旅行業
  • 国内旅行の主催、海外旅行、国内旅行の手配および他社主催旅行の代行販売が行える。

  • ・第3種旅行業
  • 海外旅行、国内旅行の手配および他社主催旅行の代行販売が行える。

  • ・旅行業者代理業
  • 上記旅行業者が委託する範囲の旅行業務が行える。
    こうして見て見ると様々な内容によって区画わけがきちんとされていることがわかります。大手の旅行会社は第1種に属し、中小は第2種と思いがちですが会社の規模と旅行業の分類はまったく別です。上記いずれかの業務範囲の登録を受けた旅行会社であれば、手配の依頼をするのに何の問題はないでしょう。

    旅行会社の賢い利用法

    旅行会社の種類ごとの特徴を理解し、自分の旅のスタイルに合った会社を選んで利用するようにしよう。

    旅行会社の特徴

    ・大手旅行会社
    広いエリアをカバーし、多彩な旅行商品(ツアー)や航空券や宿泊施設といった旅のパーツを取り揃えている。また、日本人が多く訪れる外国の都市にオフィスや緊急連絡用の窓口を設けている会社も多く、万一の場合の対応も安心です。ただし、分業化が進んでいるため、カウンターにいるスタッフが必ずしも自分が旅したいと思っている国や地域について詳しいとは限らない。
    ・中小旅行会社
    企画から仕入れ、販売までの業務を少人数で行っている会社が多いので、疑問点に対して信頼のおける回答が期待できる。ただし、取り扱っているたびのパーツに関して、種類が限られる場合もある。
    ・専門旅行会社
    特定の国やエリア、アクティビティを専門に扱っている旅行会社。専門性が高いため、その国や地域、アクティビティに関しては知識が豊富です。ガイドブックにも載っていないようなことや現地の最新情報を入手できる可能性もあります。ただし、料金的にはあまり安くないことが多いようです。