海外旅行で必ず携帯したいアイテム

2015年4月8日

海外旅行の際に持っていく必要があるものについて考えてみたことはありますか?
事前準備をしっかりと行っておくことでいざという時に困らずにすむと思います。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

海外旅行の際に持っていく必要がある物と重要な物とは

  • パスポートとお金
  • まず、忘れてしまったら旅立てないのがパスポート(旅券)。外国においてはこれが唯一の身分証明書となります。次に必要な物が、旅の資金となる現金です。
    現金(日本円および米ドル)、トラベラーズ・チェック(T/C)、クレジットカードなど複数の方法で持参しておくと便利です。

  • 常備薬
  • 海外では、気候や食事、水、疲労等により、体調を崩してしまいがちになるので下痢止め、胃腸薬、風邪薬、鎮痛剤といった普段使っている薬を持って行くと良いでしょう。又、体調不良や下痢になったときには水分補給が欠かせませんが、みういうケースではミネラルウォーターよりも人間の体液に近い身体に負担をかけないイオン飲料(ポカリスエットのようなドリンク)が適しています。そのためミネラルウォーターのボトルに直接入れ、溶かして飲む粉末タイプをバッグに入れておくと心強いです。

  • 海外旅行傷害保険の保険証書
  • 海外で病気になったりケガをしたりした際に頼りになる海外旅行保険には必ず加入しておいた方が良いでしょう。保険証書は、病院に行く際などに必要となりますので常時バッグに入れておきましょう。

  • 航空券(ツアーの場合は旅程表)
  • 個人旅行の場合、事前に旅行会社や航空会社から送付されてくる航空券をバッグに入れるのを忘れずに。旅行会社によっては、航空券は空港での受け渡しという場合もあります。
    最近では、Eチケットを導入しているエアラインが増えている。Eチケットの場合にはメールで予約番号を知らせてくるので、そのメールをプリントアウトして持参しましょう。
    ツアー旅行の場合は旅程表に記載された待ち合わせ場所に行けば添乗員がおり、搭乗手続き等について説明してくれます。

  • ガイドブックと旅行会話集
  • 渡航先の情報を満載した最新版ガイドブックと現地でコミュニケーションが図れるよう旅行会話集を各1冊。デスティネーションによっては、日本語の情報を入手しにくい場合もあるので、日本語で書かれた資料は貴重です。

  • 荷物は旅先に合わせて
  • 衣類や靴といった身につけるものは、旅先の気候と旅のスタイルに合わせて選択して置きましょう。高級レストランで食事をする予定があるなら、フォーマルなファッションを1ペア。歩くことが多い旅なら足元は重要です。当然履き慣れた靴で旅立つことが良いです。女性り場合は、室内と屋外との気温差に対応できる「羽織もの」やパシュミナのようなストールを持っていくと意外と役に立つことがあります。その他にも日用雑貨についても旅立つ人のアイデア次第です。すべて日本から持っていく人もいれば、現地で調達する人もいる。ガイドブックやインターネットで旅先の最新事情をチェックし、状況に合わせて荷物をパッキングしよう。
    ざっと上げたものではこのくらいでしょうか?